こんなお悩みありませんか?

  • もう払えない・早く解決して楽になりたい・住み続けたい
  • でも、どうすれば良いのかわからない
  • 任意売却専門会社もたくさんあるようで、どこが信用できるのかもわからない
  • きちんと相談にのってくれて、私にとって最良の方法で解決してくれるところへ相談したい
  • とにかく不安・心配でたまらない

当社が
銀行や役所と交渉します

住宅ローン返済に関するお悩みは、私たちにご相談ください。
ご相談者さまが、銀行や役所と直接交渉する必要はございません。

矢田 倫基(やた ともき)

宅地建物取引士、任意売却コンサルタント
著書『住宅ローンが払えなくなったら読む本』
1974年生まれ 大阪府出身
近畿大学理工学部卒業

大学を卒業後、大手ゼネコンで技術者として従事。その後、不動産コンサルティング会社に転向し、実績が認められ代表取締役に就任。
そこでの経験を生かし、日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。
金融機関や士業者からの信頼も厚く、任意売却の専門家として各地で講師も務める。多くのローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏だけでなく全国からも相談者が後を絶えない。

矢田 明日香(やた あすか)

司法書士、行政書士(有資格者)
日本司法支援センター 法テラス契約司法書士

1983年生まれ 島根県出身
関西大学法学部卒業

大学在学中に親の借金で苦しむ友人の姿を目の当たりにし、強い衝撃を受け、司法書士を志す。現在、矢田明日香司法書士事務所の代表も務める。女性ならではの、心に寄り添ったコミュニケーションで相談者の抱える問題を解決に導く。小学生や社会人向けの出張法律相談講座、各自治体での勉強会で講師を務め、老若男女を問わず法律に触れてほしいと、情報を発信する取組みにも力を入れている。

経済的な問題が原因の住宅ローン滞納
離婚を理由とした夫婦で組んだ住宅ローンの精算
任意売却解決できます

「任意売却」とは、銀行など債権者と調整・交渉を図り、合意・和解にもとづいて、住宅ローンの返済が困難になったマイホームやマンションなどの不動産を処分(売却)する方法です。

任意売却とは?

住宅ローンを組む際、銀行は必ずその不動産に抵当権をつけます。不動産を売却するには、その抵当権を抹消する必要がありますが、抹消するためには銀行から借りている住宅ローン残金すべてを一括で返さなければなりません。

しかし、なんらかの理由で住宅ローンの返済が難しくなってしまった場合・既に支払いが滞ってしまっている場合、月々の返済ができないのはもちろん、「もう返せないので売ってしまって楽になりたいけど、残金を一括で用意するなんてできない」と、「売却したくても売却できない...」ということがほとんどです。

そこで、当社のような住宅ローン返済の専門家が、債権者である銀行やその他の利害関係人と調整・交渉を行い、合意・和解にもとづいて住宅ローンが残っている状態でもマイホームやマンションなどの不動産の売却を可能にします。この手続き(売却方法)のことを「任意売却」と呼びます。

裁判所主導の「競売」へと至ってしまい強制的に売却されると、多額の債務だけが残ってしまいます。しかし、「任意売却」であれば市場価格の8〜9割程度で売却できるので残債務が少なく、その返済計画も銀行に柔軟に対応してもらえるので、すっきりと明るく、希望を持った新生活を迎えられます。

住宅ローン返済っていても
任意売却なら売却できる理由は?

一定期間、住宅ローンの返済が滞ると、債権者は不動産を競売にかけ、住宅ローンの回収を図ります。

しかしそれは、債権者にとって強制的に売却できるメリットはあるものの、実は競売は決して満足できる金銭回収方法ではないのです。

というのも、競売は不動産会社の仕入れの場であり、相場価格の6〜7割程度の価格で取引されるため、債権者である銀行からしてみれば、売却できても未回収の住宅ローンがたくさん残ってしまうからです。また、高額な競売申立て費用、半年〜1年もの時間を費やさなければならないことまで考えると、実は、競売は債権者にとってあまり得策的な売却手段ではありません。

一方、和解による任意売却は、競売市場のような不動産会社の仕入れの場ではなく一般市場で取引が行われるため、相場価格の8〜9割程度の価格で売却でき、債権者にとって競売の場合よりも多くの金銭を回収できる期待を持てます。

このことから、債権者は全額返済されない場合でも、任意売却ならば売却を認めるという考え方をするのです。

しかしながら、任意売却のメリットは銀行のものだけではありません。住宅ローンの返済でお困りになっている債務者の方にとっても、たくさんのメリットがあります。

任意売却のメリット

  • 住宅ローンの残債務を最小限に減らすことができる
  • 競売のように官報ではなく、一般売買市場で販売活動されるので、事情を知られることなく、プライバシーを守ることができる
  • 任意売却後の残債務は生活状況に応じて返済計画が見直しされる
  • 今の自宅にそのまま住み続けることもできる(リースバック)
  • 引越費用などの生活準備金を確保できる
  • 売却に必要な諸費用を用意する必要がない
任意売却のメリットについて詳しく見る

当社が
銀行や役所と交渉します

住宅ローン返済に関するお悩みは、私たちにご相談ください。
ご相談者さまが、銀行や役所と直接交渉する必要はございません。

矢田 倫基(やた ともき)

宅地建物取引士、任意売却コンサルタント
著書『住宅ローンが払えなくなったら読む本』
1974年生まれ 大阪府出身
近畿大学理工学部卒業

大学を卒業後、大手ゼネコンで技術者として従事。その後、不動産コンサルティング会社に転向し、実績が認められ代表取締役に就任。
そこでの経験を生かし、日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。
金融機関や士業者からの信頼も厚く、任意売却の専門家として各地で講師も務める。多くのローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏だけでなく全国からも相談者が後を絶えない。

矢田 明日香(やた あすか)

司法書士、行政書士(有資格者)
日本司法支援センター 法テラス契約司法書士

1983年生まれ 島根県出身
関西大学法学部卒業

大学在学中に親の借金で苦しむ友人の姿を目の当たりにし、強い衝撃を受け、司法書士を志す。現在、矢田明日香司法書士事務所の代表も務める。女性ならではの、心に寄り添ったコミュニケーションで相談者の抱える問題を解決に導く。小学生や社会人向けの出張法律相談講座、各自治体での勉強会で講師を務め、老若男女を問わず法律に触れてほしいと、情報を発信する取組みにも力を入れている。

住宅ローン滞納したままにすると
36ヶ月で競売決定してしまいます

「支払えないものは支払えない」と住宅ローンの滞納をそのままにしてしまっていたら、どうなるでしょうか?

振り込むのを忘れていた、銀行口座が残高不足になっていたという手違いは誰にでもあるものです。1回くらいの滞納では銀行はそう大げさな対応をとることはありません。

ただし、滞納が3回ともなってくると、やはり深刻な経済的事情が関係しているものです。銀行によっても異なりますが、累計の滞納回数が3回(住宅金融支援機構の場合は6回)を超えると、金融機関は住宅ローンという融資の回収が困難と判断し、「代位弁済」「期限の利益喪失」「一括弁済請求」の措置をとります。つまり、住宅ローンの「債権者」である銀行は、競売の申し立てを行います。

競売になると、法律にのっとり裁判所の主導のもとに売りに出されてしまいます。「この家にずっと住み続けたい」「もうちょっと待ってほしい」といった希望や想いとは関係なく、別の場所であっという間に手続きは進みます。落札され、購入者が決まれば、元の所有者である方は抵抗や拒否することはできず、退去しなければなりません。

しかも、その売却金はすべて住宅ローンの返済に充てられるので、元の所有者である方の手元へは1円も入りません。それどころか、競売では相場価格 = 市場価値のわずか6〜7割程度の価格で売却されてしまうので、マイホームを失う上に多額の債務が残り、その返済も求められるのです。

経済的に苦しい状況にあるから住宅ローンの返済が滞ってしまっていたところ、さらに苦しい状況が待ち受けることになってしまいます。

競売になってしまうと、金銭的にはもちろん、精神的に深い傷を負うことになります。大切なのは、これからの人生、将来のことです。ですから、できるかぎり競売だけは避けていただきたいのです。

任意売却のプロフェッショナル
からすま任意売却相談室
みなさまへご提供できること

POINT1

法律相談から不動産売却まで
「ワンストップ解決」

あちらの法律事務所、こちらの不動産会社...と複数社へ相談・依頼する手間が不要です

任意売却といった不動産売却に関するご相談には、必ずと言って良いほど併せて解決しなければ法律問題が含まれています。
当社は、副代表・取締役が司法書士です。債務整理、離婚、相続などの法律相談も承り、法律手続きをご希望・必要なご相談も、当社へのご相談のみですべて解決できます。当社が外部の法律事務所へ委託して...といったことがありませんので、解決へ至るまでのスピード感も違います。

当社は法律事務所と不動産会社、二つ強みを併せ持つ、全国でも珍しい事務所です。

POINT2

1000件以上の経験から得た「解決力」

当社にとって都合の良い結果ではなく、「ご相談者さまにとってベストな結果」をお約束します

任意売却には、限られた時間の中で複雑に絡んだ権利関係を紐解き、それに関わる利害関係者全員の同意を獲得するスキルが求められます。同時にご相談者の生活再建を目的とした提案力も必要になります。

当社はこれまで首都圏・関西圏で1000件以上もの任意売却に携わってきた実績を持っており、問題解決へと導くに十分なスキル、そして、豊富な経験・知識を有しています。

そうしたスキルや経験・知識が不足している任意売却専門会社は、残念ながら自分たちが得意とする、あるいは、できる方法でしか解決しようとしなかったり、自分たちの利益優先でご相談者さまにとって不都合・望まない方法で解決しようとしたりすることがあります。

当社は決して、そのようなことをいたしません。

「他社にはないレベルの解決力」で当社にとって都合の良い結果ではなく、「ご相談者さまにとってベストな結果」をお約束。ご相談者さまの生活再建をお手伝いいたします。

POINT3

心理学を活かした「心のカウンセリング」

心配・不安がすべて取り払われ、安心して生活していただけるようになります

お金の問題は経済的トラブルだけにとどまらず、多くは家族の問題や健康の問題などにリンクし、最終的には心の問題へとつながります。当社へ相談される時点で、既に相当の心労を抱えてらっしゃることは間違いありません。

生活再建という一つの目的に向かって解決を図るには、やはり「前に進もう!」という気持ちを持っていただかなければなりません。

そこで、当社では心理学や交流分析などを取り入れ、ご相談者へ生活再建のための心の原動力をもっていただくことを目的にしたカウンセリングを行っています。

任意売却のご相談の流れ

  • お問い合わせ

    専門の相談員が、年中無休で法律・不動産の相談を無料で受けます。土日ももちろん対応します。
  • 無料相談・ご依頼

    当事務所で、詳しい内容をご説明します。
  • 金融機関等お話し合い

    不動産に関する権利関係者との調整・交渉を行います。
  • 販売活動

    ご相談者の状況を加味した不動産の販売活動を行います。
  • 契約・決済競売取下げ

    買主が見つかれば契約、決済。そして競売取下げまで行い任意売却が完了します。

経済的な問題が原因の住宅ローン滞納
離婚を理由とした夫婦で組んだ住宅ローンの精算
早期解決します

当社へ相談に来られる方の多くは、お金の問題から派生した様々な問題や悩みを抱えられています。最終目的である生活再建に至るまでには、不動産の売却だけにとどまらず、消費者金融・キャッシングなどによる借り入れの滞納や、クレジットカードの利用代金の滞納など、法的な手続きや解決を要する事案が多く含まれます。
また、3組に1組が離婚すると言われる現代、離婚時にマイホームを処分したくてもオーバーローン状態で処分できない...財産分与でトラブルが...とお悩みの(元)ご夫婦も多くいらっしゃいます。やはり、法的な手続きや解決を要します。

そうした事案にもスムーズに対応するため、当社では、初回面談時から法律・不動産の専門家を交え、早期解決を図っています。

当社へ相談に来られる方の状況

  • 住宅ローンの返済・滞納でお困りの方
  • 税金滞納でお困りの方(差押えを受けた方)
  • 離婚を機としたマイホーム売却でお困りの方
  • 離婚後の連帯保証人問題でお困りの方
  • 代位弁済・期限の利益喪失の手紙を受け取った方
  • 競売の申立てをされた(されそうな)方
  • マンションの管理費滞納でお困りの方
  • 相続の財産(不動産)分与でお困りの方
  • 債務整理をしたい方(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 不動産を親子間売買したい方

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。