競売取り下げの為の早期解決「迷惑な訪問業者を撃退」

この解決事例の要点

ご相談の時期 小泉さんが当社へ相談に来られたのは、銀行より競売の申し立てがされて間もない頃で、自宅には毎日のように任意売却の話しを持ち掛ける怪しげな訪問業者が訪れていました。この状況をなんとかしたいと友人に相談したところ、当社の存在をしり相談に来られました。 ご相談内容 小泉さんは自営で輸入関係の商...

ご相談者について

ご相談者小泉孝之さん(仮名) / 当時 58歳 / 男性
お住まい京都市右京区
ご職業自営業
ご家族構成妻と2人暮らし(子2人は既に独立)
残債務2,000万円
ローン債権者京都信用保証サービス(京都銀行)

ご相談の時期

小泉さんが当社へ相談に来られたのは、銀行より競売の申し立てがされて間もない頃で、自宅には毎日のように任意売却の話しを持ち掛ける怪しげな訪問業者が訪れていました。この状況をなんとかしたいと友人に相談したところ、当社の存在をしり相談に来られました。

ご相談内容

小泉さんは自営で輸入関係の商社を営んでいましたが3年程前から業績不振に陥いり、今では会社を維持させることが精一杯で、妻のパート収入でなんとか生活をしている状況でした。住宅ローンの支払いが出来なくなったのは半年程前、それまで何よりも優先して住宅ローンだけは返済をしていたのですが、これ以上、切り詰めた生活は無理と判断し、滞納が始まったそうです。

妻の手取り17万円の収入に対して、住宅ローンの返済額が10万円。小泉さんは自宅を売却し、家賃の安い家に引っ越したいという相談でした。

そして、小泉さんの相談はそれだけではなく、自宅に訪れる訪問業者に悩まされていました。裁判所で小泉さんの名前や住所が公開されて以来、毎日のように任意売却を持ち掛ける業者が訪れるようになり、仕事から帰る小泉さんを何時間も家の前で待っている人が何人もいるというのです。しかもどの人もそのいで立ちは普通ではなく、近所でも噂が広まっている程でした。この状況をなんとかして欲しいというのも相談の一つでした。

ご相談者の希望

  • 自宅を売却し家賃の安いマンションに移り住みたい
  • 引越費用が欲しい
  • 自宅に訪れる訪問業者を撃退して欲しい

解決のための行動と結果

小泉さんの住宅ローンの残債務2,000万円、それに対して、自宅の資産価値は1,500万円程だったため、任意売却をすることで債権者との調整を開始しました。

債権者は裁判所が評価する額(評価書に記される査定額)を参考にして任意売却の販売価格を決めたいということでした。その評価書が出来るのは1ケ月後です。債権者が評価書を参考にすることは良くあることなのですが、訪問業者に悩まされている小泉さんにとっては1ケ月もの時間はさらに不安を増長させることとなってしまいます。

そこで頻繁に訪れる訪問業者に対して当社司法部から「勧誘拒否通知」なる書面を送付することにしました。これは特定商取引法で定められている法律で、訪問販売業者に対して契約しない旨の意思を表示し者に対し、契約締結についての勧誘をしてはならないというものです。これに基づき一斉に送ったところ、訪問に来る業者はほとんどなくなりました。しかしそれでも何社かはしつこく家を訪ねてくることはありましたが、次第に来なくなりました。

そして、1ケ月が経過。裁判書の評価書も完成し、債権者と任意売却の販売価格を決める協議が始まりました。結果,当社の予想通り1,500万円の価格で販売活動を行う方向性で決まりました。

しかしながら、評価書が完成するまでのこの1ケ月間、販売価格は確定していなかったものの、実は水面下で販売活動を行っていました。ですので、興味を示している購入希望者にはすでに内覧を済ませており、価格面で問題なかればいつでも購入意思を示してくれる準備をしていました。結果、当初予想通りの販売価格でしたので、すぐに買主さんには不動産購入申し込み書を書いてもらい、債権者にその旨を報告。そしてすぐに許可され、契約を行いました。3週間後、決済を行い、無事、早期に競売を取り下げることに至りました。

現在、小泉さんは2LDKの賃貸マンションに夫婦二人で住んでおられます。前よりも狭くなりましたが、毎月10万円の住宅ローンから解放されたことで気持ち的にも楽になったと言っておられます。

しかし、小泉さんは住宅ローンから解放されて良かったとはいうものの、果たして生活再建に向けて環境が整ったかというとそうではないでしょう。

これまでの住宅ローン10万円だったものが家賃6万円に下がっただけで、そう大きく改善されたものではありません。

奥様のパート収入17万円だけでは生活は厳しいものです。その為には採算の合わなくなった自営業に終止符を打つ決断も考えなければなりません。生活再建のための環境を整えることができるかどうかは小泉さんの決断と頑張りにかかっているのではないでしょうか。

この解決事例の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

これまでに1,200件を超える住宅ローン返済・滞納問題を解決してきた、任意売却のエキスパート。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。

詳しいプロフィール

任意売却からすま相談室へ相談する

解決事例の一覧へもどる