相談事例

転職・失業
健康・介護

入札まで残り1ケ月、住み続ける任意売却は可能か!?」【京都市西京区/52歳/男性】

相談者 桂坂健司(仮名)・男性・52歳
所在地 京都市西京区(戸建)
職業 無職
家族 妻、子(高校3年、中学3年、小学5年)
残債務 3,000万円
住宅ローン債権者 京都銀行(京都信用保証サービス)

ご相談の時期

桂阪さんが当社へ相談に来られたのは、競売の入札が始まる1ケ月程前の時期でした。それまで、とある弁護士事務所で個人再生の検討していたのですが、安定した収入を得ていることが条件の個人再生で、桂坂さんは就職先が決まらず結局、それが頓挫し今の状況に至ってしまいました。競売の入札が始まる1ケ月前という時期は、競売に参加する不動産会社などが頻繁に自宅に訪ねてくる時期でもあります。その影響で桂阪の奥様もとても強いストレスを感じていました。

ご相談内容

桂坂さんが住宅ローンの返済が困難になった理由は、仕事を辞めたことによる収入減少と親への介護費用による出費でした。

桂坂さんがマイホームを購入したのは今から15年前、ハウスメーカー施工の注文住宅を7,000万円で購入しました。頭金500万円、残りを毎月20万円の返済で住宅ローンを組みました。これだけ多くの返済が出来たのは、当時、桂坂さんは保険会社に勤務しており年収は1,000万円を超えていたからです。

それから十数年後、生活状況が変わる出来事が起きました。それは退職です。とあることで会社とトラブルとなり辞職せざるをえなくなってしまったのです。そしてトラブルは重なるもので、義父さんが介護施設に入所しなければならなくなり、その費用の一部を桂坂さんが負担することにったのです。収入がなくなったところに大きな出費、これまで貯めていた預金はあっというまに底をつきました。経済的にかなり苦しくなり、毎月20万円という高額な住宅ローンの返済も当然できなくなりました。再就職すればなんとかなると思っていましたが、それがなかなか決まらず、ついには銀行によって自宅が競売にかけられてしまいました。

桂坂さんはなんとかして自宅に住み続けるかたちで任意売却の検討をして欲しいという相談でした。

住宅ローンの残債務は約3000万円、自宅の資産価値も3,000万円。残債務と不動産の資産価値が同程度な場合、債権者は全額返済でなければ、任意売却は認めないとする傾向があります。そうなると、住み続けるためには3,000万円以上もの投資をしてくれる投資家を探さなければなりません。仮にそういった投資家が見つかったとしても家賃は20万円程になってきます。この額ではこれまでの住宅ローンの返済額と変わらず、現実的な解決策ではなくなります。

今回、桂坂さんのケースにおいて住み続ける為の任意売却を成功させることは非常に難しいということが予想されました。

 

ご相談者の希望

・今の自宅に住み続けたい

解決に至るまで

住宅ローンの残債務3,000万円、自宅不動産の資産価値3,000万円。債権者が認める任意売却価格は果たしていくらか・・・。結果、やはり債権者は全額返済でない限り任意売却は一切認めないという返答でした。

これで任意売却は不可能かと思いきや、なんと桂坂さんの身内の方が任意売却に協力してくれるというのです。その協力とは600万円の援助金です。残債務3,000万円にはとどきませんが、足らずは投資家を活用すればなんとかなるでしょう。

早速、投資家探しを開始。結果、家賃12万円で2,400万円を投資をする方が現れました。身内による協力金600万円と投資家による投資金2,400万円の合計3,000万円を準備することができたのです。

そして相談から3週間後、無事決済は行われ、競売を取り下げることができました。

住み続ける為の任意売却では債権者の認める任意売却価格、そして投資家の投資家可能な金額、さらにはご相談者の支払い可能な家賃、この3方が揃って初めて成功します。一般的な任意売却に比べ住み続ける為の任意売却の成功率が劣るのはこの3方がなかなか揃わないことにあります。

しかし、今回身内の600万円の協力によって成功することができました。また、桂坂さんはその身内の方の経営する会社に従業として働かせてもらえることも決まりました。なんとか生活再建できる環境を整えることができましたが、家賃12万円と援助金600万円の返済は決して安いものではありません。生活再建できるかどうかは桂坂さんのこれからにかかっているのではないでしょうか。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。