相談事例

離婚

離婚した前夫が住宅ローンを支払わない!?【京都市伏見区/30代/女性】

相談者 藤川恵さん(仮名)・女性・34歳・シングルマザー
所在地 京都市伏見区(マンション)
職業 高校教師
家族 子供(1人)の2人家族
残債務 2,700万円(住宅ローン)
住宅ローン債権者 東京三菱UFJ銀行(エムユーフロンティア債権回収)

ご相談の時期

藤川さんのご自宅に突然、裁判所から「競売開始決定の通知」と書かれた手紙が届き、びっくりして当社へ相談にこられました。

ご相談内容

藤川さんは1年前に離婚をしたのですが、その際、慰謝料代わりにと前夫名義の家に家賃無しで小学生になる息子と2人で住んでいました。しかし、先日、裁判所から手紙で自宅が競売にかけられてしまっていることを知りました。裁判所や銀行に確認したところ、前夫が宅ローンを支払っていなかったのです。これまで、滞納があった事実すら知らず、なぜここまでなってしまったのか、もっと早く状況を知らされていればなんとかなったのではないかと、前夫に対する怒りと、銀行に対する不信感を強く持っていました。いずれにしても今の状況を回避するためにはどうしたらいいのか教えて欲しいという相談でした。

ご相談者の希望

  • これまでと同じ環境で、このまま自宅に住み続けたい

解決に至るまで

藤川さんのように慰謝料代わりにと前夫が住宅ローンを負担し、そのまま前妻と子供が家賃なしで住み続けるというケースはよくあります。この場合、前妻が連帯保証人や連帯債務者といった権利者になっていれば、途中、滞納という事実があればすぐに銀行から知らせを受けるものです。しかし権利関係がない前妻には当然にして知らせはありません。実はこういった形で競売になるまで事が進んでしまうケースがよくあるのです。いずれにしても、藤川さんは今の状況を回避し、これまで通りの生活に戻して欲しいということでしたので、その為の方法をいくつか説明させていただきました。結果、藤川さんの両親から1,000万円の援助を受けることができるということでしたので、それを活用した解決を目指すことにしました。ただ問題があります。それは別れた前夫の売却同意をどうするかということです。名義人の同意がなければ任意売却はできません。早速、居所調査を開始。結果、大阪市内に住んでいることが分かり接触を図りました。事情を説明すると前夫は申し訳なさそうに、売却に協力することをと言ってくれました。すぐに債権者へ任意売却をすることの旨を伝え、活動を開始。債権者の任意売却応諾価格は1700万円。今回、藤川さんが用意でできるお金は1,000万円でしたので、足らずの700万円については、銀行からの融資を受けることにしました。藤川さんは公立高校の教師だったこともありスムーズに融資の承認を得ることができました。すぐに契約を行い、競売の入札が始まる3週間前に任意売却を完了させることができました。今回、ご両親の援助などもあり藤川さん自身で自宅を買い取ることができましたが、大半の方はそういった解決は難しいでしょう。そうなると、投資家を活用した任意売却(リースバック)の検討をするのですが、これも任意売却応諾価格が1700万円であったため、家賃は高額となり現実的な解決方法ではありません。実は今回のケースは、「住み続ける」というかたちで解決を図るのは非常に難しいケースだったのです。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。