相談事例

離婚

離婚、財産分与で妻が自宅を差し押えた。【京都府向日市/50代/男性】

相談者 加藤哲夫さん(仮名)・56歳
所在地 京都府向日市(戸建て)
職業 会社員
家族 独身(55歳)
残債務 100万円(住宅ローン)
住宅ローン債権者 京都信用金庫(地域信用保証)

ご相談の時期

加藤さんが当社へ相談に来られたのは、裁判所から自宅不動産を仮差押えした旨の手紙が自宅に届いたときでした。

ご相談内容

現在、加藤さんは別居する妻と離婚問題で協議をしている最中なのですが、財産分与についてなかなか話しがまとまらない状況が続いていました。そんな中、妻が加藤さんの住む自宅を分与対象財産として、処分されないよう仮差押えをしてきたのです。加藤さんは自宅を売却することに強く反対しており、それに対して妻はその分現金を支払えと主張していました。しかし、加藤さんは現金を用意することができずにいたところ、今回の仮差押えとなってしまったのです。初めて経験する差し押さにびっくりし、どうすれば解決することができるのかと当社へ相談に来られました。

ご相談者の希望

  • 住み続けたい
  • 離婚する妻に渡す現金を捻出して欲しい

解決に至るまで

“自宅を売却し引越すことはしたくない。しかし、妻に渡す現金は用意できない”そんな条件を奥さんは聞き入れる訳がありません。ですから、現金を用意できなければ自宅を売却するしか残されていないことを。ただ、「住み続ける」、「買い戻す」といったことは可能なので、それに向けた解決策を提案しました。それは、奥さんが主張する財産分与の金額で自宅を投資家に買い取ってもらい、その売却価格全額を妻に渡します。そして、投資家と加藤さんの間で賃貸借契約を結び家賃を払って住み続ける、さらに買い戻し特約を付けることで、加藤さんはまた所有権を取り戻すことができるという解決方法です。実は、このやり方で財産分与問題を解決される方は結構いらっしゃいます。

そこでポイントになるのが自宅の査定です。この査定額について大きな相違があれば話しは進みませんが、大抵、離婚問題は双方早く決着させたいという思いもあるものです。また、奥さん側には既に弁護士さんがついており、加藤さんも当社の司法書士が代理としてお話しを進めるため、必ず着地点を見出すことができます。結果、自宅の査定額を1700万円とすることで双方合意できました。そして次に、奥さんに分与する金額850万円(査定額の2分の1)で購入してくれる投資家を探します。結果、家賃50,000円、買い戻し特約付きの条件で購入してくれる投資家を見つけ出すことができました。相談から約1ケ月、これまで1年以上もの間、財産分与問題で話しがもつれていましたが、このような形で自宅を売却することで、一気に離婚問題に終止符をうつことができました。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。