離婚で住宅ローンが支払えなくなった

この解決事例の要点

ご相談の時期 山田さんが当社へ相談に来られたのは、住宅ローンの滞納が3回を越し、銀行から「代位弁済」と記された内容証明書を受け取った時期でした。これまで簡易なハガキの督促状だったものがかしこまった文体の手紙に変わり、不安になって当社にお問い合わせいただきました。 ご相談内容 住宅ローンの支払いが困難...

ご相談者について

ご相談者山田博文さん(仮名) / 当時 45歳 / 男性
お住まい京都市伏見区
物件マンション
ご職業飲食店勤務
ご家族構成独身
残債務1,800万円(住宅ローン)
ローン債権者みずほ銀行(みずほ信用保証)

ご相談の時期

山田さんが当社へ相談に来られたのは、住宅ローンの滞納が3回を越し、銀行から「代位弁済」と記された内容証明書を受け取った時期でした。これまで簡易なハガキの督促状だったものがかしこまった文体の手紙に変わり、不安になって当社にお問い合わせいただきました。

ご相談内容

住宅ローンの支払いが困難になってしまった背景に離婚が関係していました。

離婚前は夫婦二人の収入で住宅ローンを返済していたのですが、離婚によって山田さんひとりの負担となったのです。山田さんの手取り収入は23万円、住宅ローンとマンション管理費で毎月の返済額は11万円でした。厳しい生活状況の中、消費者金融やクレジット会社などからも借入をしており、離婚から5年経った今、住宅ローン以外の借金は500万円にまで膨らんでいました。返済も滞り毎日のように督促の電話もかかってきていました。仕事にも身が入らず一刻も早くこの負のスパイラルから抜け出したい、すべての借金から解放され普通の生活に戻りたいという相談でした。

ご相談者の希望

  • 自己破産をして全ての借金から解放されたい
  • 必要以上に広い自宅から出たい
  • 転居費用を捻出して欲しい

解決のための行動と結果

山田さんの場合、自宅を売却することなく、住宅ローン以外の借金を整理できる個人再生(住宅ローン特則)も解決手段の一つとして考えられました。しかし、借金はもうしたくないという本人の強い希望もあり自己破産をする方向で任意売却の検討を行いました。競売の申立てがされる一歩手前の相談だったこともあり、住宅ローンの債権者であるみずほ信用保証は任意売却の活動期間として競売の申立てを待ってくれました。山田さんにとって少しでも良い条件で購入してくれる方を探すのに十分な時間が与えられたおかげで、引越費用などの生活準備金も受け取るかたちで任意売却に成功しました。

次に自己破産の申立てです。特に問題となるような事もなく、裁判官との審尋もスムーズに行われ、申立てから4ヶ月後、無事、裁判所から免責許可決定がおりました。現在、山田さんは京都市内のワンルームで一人暮らしをしており、全ての借金から解放され、穏やかな生活を取り戻しています。

{key_image_alt}

解決事例の一覧へもどる

解決事例の一覧へもどる