毎月17万円もの教育費で家計が破綻。個人再生で自宅を守り、借金問題も解決

この解決事例の要点

ご相談の時期 クレジットや消費者金融からお金を借りていた野口さんは、少しずつ借金が増えていっている状態にありました。いずれ返せなくなると判断し、当社へ相談に来られました。 経緯とご相談内容 野口さん夫婦は住宅ローン以外にクレジットや消費者金融など複数の借入があり、その額約600万円。こうなってしまった...

ご相談者について

ご相談者野口秀之さん(仮名) / 当時 49歳 / 男性
お住まい京都市南区
物件一戸建て
ご職業会社員
ご家族構成妻と子(13歳)の3人暮らし
残債務1,500万円(住宅ローン)
ローン債権者住宅金融支援機構

ご相談の時期

クレジットや消費者金融からお金を借りていた野口さんは、少しずつ借金が増えていっている状態にありました。いずれ返せなくなると判断し、当社へ相談に来られました。

経緯とご相談内容

野口さん夫婦は住宅ローン以外にクレジットや消費者金融など複数の借入があり、その額約600万円。こうなってしまったのは、お子さんへの教育資金の出費が主な原因にありました。
現在、中学1年生になる息子さんを、小学校から私立に通わせ、塾や英会話などたくさんの習い事をさせていました。結果、教育費だけで、なんと毎月17万円もの出費がありました。
野口さんは一般的なサラリーマンで、給料は手取り35万円、奥さんのパート収入を合わせると世帯収入は45万円ありました。3人家族であれば住宅ローンを含んでも問題のない収入状況と言えるでしょう。しかし、子供にかけるお金が収入と見合っておらず、4,5年の間に600万円にまで借金が膨れ上がっていったのです。当然、預金など全くできていない状況です。2年後に控えた息子の高校進学にまたまとまったお金が必要になります。預金ができていない現状、このままでは高校進学を諦めなければなりません。それどころか、借金が少しずつ膨れ上がっているため、いずれ破綻してしまうのではと危機感を抱いていました。
野口さんは、借金問題を解決し、預金のできる生活環境に戻したいと考えていました。そして、自分なりにいろいろと調べたところ、任意売却によるリースバックという方法と個人再生という法的手続きがありことが分かりました。しかし、この二つを検討できる事務所や会社がなかなかなく、唯一、当社が行っていることを知り、ご相談に来られました。

ご相談者の希望

野口さんの要望は、借金問題を解決し、預金ができる生活環境に戻して欲しいということです。また、自宅はできることなら、手放したくない、住み続けたいと考えていました。

  • 自宅に住み続けたい
  • 借金問題を解決したい

解決のための行動と結果

問題解決

野口さんの解決方法にはリースバック、個人再生以外に任意整理という方法もありました。任意整理とは、債権者との和解による解決方法です。住宅ローン以外の借金600万円の将来利息をカットしてもらい、それを3年から5年で完済させる返済計画を立てます。5年計画で考えると毎月10万円の返済で済みます。
それに対して、法的手段による個人再生は、住宅ローン以外の借金600万円を5分の1に圧縮させることができます。それを3年で完済する計画、120万円÷36ヶ月=毎月33,000円の返済で済むことになります。任意整理よりも大幅な改善が見込めます。
一方、任意売却によるリースバックですが、野口さんの自宅の資産価値と債権者の特徴から見て、恐らく家賃は10万円程度になると考えられました。そして、任意売却後に残った借金(住宅ローンを含む全ての借金)を自己破産で処理した場合、全ての借金がなくなるため、経済的効果として、3つの解決方法の中で任意売却によるリースバックが一番大きな改善が見込めることになります。しかし、リースバックは自宅を手放さなければならないということ、100%リースバックに成功する保証がないというデメリットがついてきます。また、自己破産というネガティブな印象、こういったことから、野口さんは個人再生で検討を進めることになりました。
個人再生の申し立ては裁判所に行います。申立てしてから終了まで半年から1年はかかる長期の手続きになります。また、裁判所へ提出する資料も煩雑で、野口さんが本当に再生できるかどうかを裁判官は慎重に判断します。
結果、申立てから1年、裁判所から再生認可決定がおり、無事、個人再生の手続きが全て終了しました。

ご相談者の現在

現在、野口さんは住宅ローンの返済7万円、あの600万円の借金については毎月33,000円を支払い再生の為の生活を送られています。
しかしながら、お子さんへの教育費として毎月17万円の出費ですが、これが借金を膨らませた大きな要因です。この出費については裁判官からも指摘を受け、最小限の出費にすることが認可決定許可の条件になっていました。そして、英会話を辞めさせ、塾も月謝の安いところに変えたそうです。子供には気の毒なことをしたと言っていましたが、最悪の状況を考えれば、これも致し方ないと言っておられました。

最後に

実は教育資金が資金で破綻すると言う方は決して珍しくはありません。なぜこんなことになってしまうのかと思ってしまいますが、一度習わせた塾や習い事を親から辞めてくれないかとはなかなか言えないものです。また、子供も親のことを見ているもので、自分の為に頑張ってくれているのなら、頑張って続けなければならないと思う子供もいます。そんな頑張っている子供の姿を見れば、習い事を辞めさせることはできないのかもしれません。そういった感情の連鎖が、借金を膨らませてしまう現実もあるのです。
今回、個人再生というかたちで解決を図りましたが、これは誰でもできる手段ではないことも知っておいてください。個人再生は自己破産のように借金が全てなくなるものではありません。借金が5分の1(又は10分の1)に圧縮(最低100万円)され、それを3~5年で完済できるよう返済しなければなりません。また自宅を残したい場合、住宅ローンは圧縮されることなく、これまで通りの返済を続けていくことになります。
ですので、借金を返済、完済できるだけの収入がなくてならないというのが個人再生の絶対条件になります。また、住宅ローン以外には借金がなく、単に収入減少で住宅ローンが支払えなくなったという理由では、個人再生の検討は難しいと言えます。
個人再生の手続きをする際、裁判所に再生計画というもの書面で提出します。現在の収支と将来の収支を見せ、生活再建できる根拠をしっかりと書面で説明しなければなりません。また5,000万円以上の借金があってはないない、税金滞納していてはならない、住宅ローン以外の借金が抵当権設定されていてはいけないなど、細かな条件も付いてきます。
しかしながら、自宅に住み続けたい、守りたいと思っている方は、任意売却によるリースバックの検討も去ることながら、この個人再生の検討もすることをおススメします。

{key_image_alt}

解決事例の一覧へもどる

解決事例の一覧へもどる