逃れられない子供の教育費「教育費破綻」

この解決事例の要点

ご相談の時期 鈴木さんが当社にお問合せいただいたのは、銀行から保証会社に窓口が変わる代位弁済の期日を2週間程過ぎてしまった頃でした。数日前、どうなっているのかを銀行に問い合わせをしたところ、競売手続きに移行しましたと言われたそうです。競売になってしまうことの旨は督促状にも記されていました。しかし、...

ご相談者について

ご相談者鈴木康夫さん(仮名) / 当時 50歳 / 男性
お住まい京都市右京区
物件マンション
ご職業夫: 会社員 / 妻: パート
ご家族構成妻と子3人(大学生2人と高校生1人)の5人暮らし
残債務3,500万円(住宅ローン)+教育ローン100万円(自宅担保)
ローン債権者東京三菱UFJ銀行(エムユーフロンティア債権回収)

ご相談の時期

鈴木さんが当社にお問合せいただいたのは、銀行から保証会社に窓口が変わる代位弁済の期日を2週間程過ぎてしまった頃でした。数日前、どうなっているのかを銀行に問い合わせをしたところ、競売手続きに移行しましたと言われたそうです。競売になってしまうことの旨は督促状にも記されていました。しかし、実際に担当者の口から「競売」という言葉を耳にしたとたん、これから起こるであろう現実に不安と恐怖を感じるようになったのです。

ご相談内容

妻もパートに出ており世帯収入は手取りで55万円程と比較的高い収入でした。しかし、子供にかかる毎月の教育費(授業料、塾、習い事、教材費、交通費、携帯代など)はなんと20万円、世帯全体の支出(住宅ローン15万円、食費8万円など)も合わせると60万円になります。毎月赤字の状態がここ何年も続いていました。その度に預貯金を崩していたのですが、大学進学にかかる入学金や突然の出費などもかさみついに1年前に預金の底がついてしまいました。それ以来、クレジットやキャッシングなどから借り入れをしなんとか帳尻を合わせていましたが、借金は膨れ上がるばかり、ついにそれも追いつかなくなり、住宅ローンを滞納するに至ってしまったのです。鈴木さんは子供達の生活環境は変えたくないという思いがあり、今の自宅には住み続けたいという希望をもっていました。その為、個人再生かリースバック任意売却の検討をしてほしいという相談でした。

ご相談者の希望

  • 今の自宅に住み続けたい
  • 個人再生(住宅ローン特則)、または、住み続ける任意売却(リースバック)を検討して欲しい

解決のための行動と結果

鈴木さんの“住み続けたい“という希望ですが、結論から言うと不可でした。個人再生について、住宅ローン以外の借金(教育ローン)が自宅を担保にしていたこと、マンション管理費の滞納があったことが民事再生不可の理由です。リースバック任意売却は債権者が認める任意売却の応諾価格が3000万円だったのですが、そうすると家賃が毎月20万円~25万円になってしまうのです。これまで住宅ロ-ン15万円の支払いが出来なかた訳ですから、これではまたすぐに滞納が始まってしまいます。この投資に協力してくれる投資家は現れないのが現実です。鈴木さんには、「今の自宅に住み続けることと「子供達への教育」そのどちらを優先するべきことかを再認識していただく必要がありました。

結果、自宅は手放し、少しでも出費をおさえる形で解決を図ることになりました。最終的に自宅は3000万円で任意売却し、借金は700万円程残りました。そして、住宅ローンの毎月の返済額は15万円から2万円へと見直され、赤字生活からなんとか脱却することができるようになったのです。とは言え、子供達の学生生活はまだまだ続きます。決して楽な生活は待っていないでしょう。しかし、鈴木さんの子供達への思いはとても深いものを感じます。なんとか踏ん張って生活再建できるように頑張ってもらいたいと思います。

{key_image_alt}

解決事例の一覧へもどる

解決事例の一覧へもどる