相談事例

経営難(事業者)
離婚
債務整理

オーバーローン!離婚で住宅ローンをどうするのか!?!【京都府相楽郡精華町/46歳/男性】

相談者 山田久志さん(仮名)・男性・46歳
所在地 京都府相楽郡精華町
職業 IT系の個人自営主
家族 3人暮らし(妻と子の3人暮らし)
残債務 3000万円
住宅ローン債権者 りそな信用保証(りそな銀行)

ご相談の時期

山田さん夫妻が当社へ相談に来られたのは、二人が離婚を決意して間もないときでした。住宅ローンは滞納が2ケ月目を越し、銀行から返済を促すハガキが届いている状況でもありました。

これまでの経緯

山田さん夫婦は今から15年前。4,000万円の住宅ローンを組み、京都の精華町にマイホームを建てました。当時、山田さんはIT関連の会社に勤めるサラリーマン、年収は手取りで550万円程ありました。住宅ローンの返済額は毎月14万円、返済比率(返済額/手取収入額≒30%)は少し高かったものの、その点は奥さんのパート収入で補うようにしました。

極々普通の生活を送っていた山田さん夫妻ですが、マイホームを購入してから10年後、ご主人さんが40歳のときです、これまで勤めていた会社を退職し、起業すると言い出したのです。奥さんは反対したのですが、結局ご主人さんの強い意志に押され、しぶしぶ従うことにしたそうです。

しかし、起業はそんなにあまくありませんでした。職人気質でまじめだったのですが、臨機応変さにかけるところもあり、お客さんとの関係をうまく築くことができなかったです。結局、仕事は鳴かず飛ばずで、収入はこれまでの半分以下になってしまったのです。当然、生活は厳しくなりました。預金もあっという間に底をつき、生命保険、子供の学資保険すら解約するに至りました。そして、節約する生活にも限界が生じ、住宅ローンも滞納するようになってしまったのです。また、こんな苦しい生活を何年も続けてきたことで二人の関係も悪化、当社へ相談に来られた時は、すでに離婚することが決まっており、そのうえで解決を図りたいという状況でした。

相談内容

 これから別々の生活を送る二人にとって気がかりだったのがマイホームの存在でした。オーバーローン状態にあったため任意売却しか方法がないことことは分かっていたのですが、すでに2か月の滞納が始まっているため、競売を申立てされてしまうのではないのかという不安を抱いていました。また離婚による住宅ローンの残債務も二人の共有財産として妻にもその負担が課せられるのではないかといったことも心配されていました。

ご相談者の希望

  • 今の自宅を任意売却したい
  • 借金から解放されたい
  • 引越費用を確保したい

問題解決

まず山田さんの不安である競売が申立てされてしまうのではないかということですが、このまま滞納を放っておけば2ケ月後には競売の申立てがされてしまいます。しかし、2ケ月目の滞納段階で当社にご依頼をいただきましたので、早い対応が可能になります。依頼後、任意売却する旨をりそな信用保証に伝えた結果、任意売却するための期間を1年程与えられ、それまで競売の申し立てを待ってくれることになりました。任意売却をするには十分な時間です。

【参考任意売却のタイムスケジュール

次に、離婚による住宅ローンの残債務の取り扱いについてですが、山田さん夫婦は残った住宅ローンも二人の共有財産となる為、債務者でない奥さんにもその借金の負担が発生すると思っていました。しかし今回のケースでは、他にプラスとなる財産がなく、住宅ローンの残債務が不動産の資産価値よりも多い、いわゆるオーバーローン状態にあった為、残った住宅ローンは債務者であるご主人さんのみの負担となります。よって、連帯保証人、連帯債務者でもない奥さんには残された住宅ローンを背負わされることは一切ありません。

【参考:住宅ローンが残っている場合の財産分与

ご相談者の現在

相談から4ケ月後、任意売却は無事成功しました。希望であった引っ越し費用も確保することができました。また残った住宅ローンはご主人さんが毎月5,000円を返済するということで債権者と決着されました。

離婚後、奥様は子供と学校区の変わらない近くの賃貸マンションに引越しました。これまで勤めていた職場で正社員として勤めさせてもらえるようになり収入も安定的に確保できるようになりました。決して楽な経済状況ではありませんが、必要以上に切り詰めた生活から解放されたことで前向きに考えることができるようになったそうです。

一方、ご主人さんは、実家の香川県に帰りました。自営されていた仕事にまだ未練があるため、経費の掛からない実家を事務所としたのです。とはいいながらも収入状況は依然厳しく、アルバイトをしながら生計を立てておられます。当初は自己破産して借金を清算することも考えていましたが、結局それを選択せず、和解で決着される日を待つということを選びました。

【参考:和解による解決
【参考:自己破産による解決

最後に

離婚によるマイホーム問題は非常多く、山田さんのご相談も離婚任意売却の代表的な相談です。マイホームを購入したときは収入も安定し毎月のローン返済もできていたものが、収入状況が一変する出来事が起きたことでたちまち支払えなくなる。こういったことというのは誰にでも起こりうることです。特に今の社会、年功序列、終身雇用も過去のこと、会社は従業員を決して守ることはできません。もし自分がそうなった場合、どうするのか、覚悟を決めることができるのか、というとこまで考え、住宅ローンを組む必要があると私は思います。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。