相談事例

経営難(事業者)
成年後見人

認知症の父名義の不動産をリースバック任意売却「成年後見人」【大阪府吹田市・男性・40歳】

相談者 岩本重行(仮名)・男性・40歳
所在地 大阪府吹田市
職業 飲食店経営
家族 4人暮らし(妻と子の4人暮らし)
残債務 700万円
住宅ローン債権者 大阪信用保証協会

相談時期

裁判所から「担保不動産競売開始決定」の手紙を受け取ってすぐに当社へ相談に来られました。

 

これまで経緯と相談内容

岩本さんが自宅を担保に700万円を借りたのは2012年のことでした。もともと飲食店で働いた岩本さんは、そのお金を資金として念願だった自分のお店を開いたのです。ところが経営は当初からうまくいかず、想定していたほどの収益をあげることができませんでした。返済が厳しいときはキャッシングやクレジットを使うことでなんとかしのいできたものの、返って借金が膨らみ、状況はどんどん悪化していきました。
そしてついに返済ができなくなり借入先の金融機関から自宅を競売にかけられてしまったのです。
先ごろ、裁判所から「担保不動産競売開始決定」に手紙を受け取り、慌てて当社へ相談に来られました。

岩本さんはどうにかして競売を避ける方法はないのかとおっしゃられました。実はその背景には、ご主人さんのお母さんの自宅も担保にいれていたため、その家までとられてしまうのではないかと心配していたのです。自分の家は仕方ないにして母親の家まで競売でとられてしまうことだけはどうしても避けたかったのです。

そして、さらに大きな問題がありました。岩本さんは主債務者ではありますが、実は自宅の名義人ではなく、現在、認知症で施設に入っているお父さんが名義人のままになっていたのです。意志判断能力がない人が所有する不動産を売却するには手続きが必要であることことは岩本さんは知っていました。しかし、この競売という状況でどうしたらいいのか全くわからないでいました。

ご相談者の希望

  • 母親の自宅を競売からまもりたい
  • 今の自宅に住み続けたい

解決のための行動と結果

認知症などで意志判断能力に欠ける方が名義になっている不動産を売却するには、家庭裁判所で成年後見人を設置する手続きをおこなわなければなりません。しかし、手続きには時間がかかります。既に競売が申し立てられている状況で、果たして全てを終わらせることができるのかという問題がありました。しかし可能性がある限り、やるしかありません。大急ぎで成年後見人設置の為の準備にとりかかりました。

一方、任意売却活動についても同時並行で進めていかなければなりません。なぜなら、成年後見人が設置されてから任意売却活動をおこなっていては間に合わないからです。
今回、岩本さんはできることならそのまま今の自宅に住み続けたいとおしゃっていました。そのためリースバックによる検討を行いました。
結果、580万円で購入したいという投資家が現れました。保証金なし、家賃5万円という条件です。
債権者はこの価格で任意売却を認めてくれることになりました。

あとは、成年後見人の手続きを待つのみです。

結果、競売の落札日の1ケ月前に成年後見人が正式に設置され、落札日の1日前というぎりぎりで無事決済を行い、競売を取り下げることができました。

現在、岩本さんは賃貸というかたちで、これまで通りそのまま住み続けています。
任意売却後に残った借金は約300万円、これについては毎月3万円ずつ返済することで話し合いがまとまり、心配していたお母さんの自宅はとりあえず競売にかけられることはなくなりました。

【参考】:成年後見人設置から不動産売却までの流れ

 最後に

成年後見人の設置を要する任意売却でしたが、特に今回は競売の申立てが既になされ、極めて時間がないなかでの活動でした。正直、私もやってみないと分からず、岩本さんの費用(家庭裁判所への用納金)倒れになってしまうことも考えられました。しかし、最終的に全てがうまくいき、無事、競売を取り下げることができました。
しかしながら、任意売却で全ての借金が返済されたわけではありません。依然、300万円程の借金を岩本さんは返済し続けなければなりません。もしこの返済が滞ってしまえば、今度こそお母さんの自宅は競売にかかってしまうでしょう。そうならないよう、なんとしても奥様と協力して店の経営をがんばってもらいたいものです。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。