相談事例

連帯保証人
債務整理

任意売却と自己破産の組み合わせで全てを解決!【京都府長岡京市/55歳/男性】

相談者 今井昭さん(仮名)・男性・51歳
所在地 京都府長岡京市
職業 会社員
家族 妻・子(2人)の4人家族
残債務 2,400万円
住宅ローン債権者 SMBC信用保証(三井住友銀行)

ご相談の時期

今井さんが当社へ相談に来られたのは銀行から「代位弁済予告通知書」と題した内容証明書が送られてきたときでした。
その書面には普段聞きなれない法律用語が記載され、不安になって当社へ相談に来られました。

ご相談内容

今井さんが住宅ローンの支払いが出来なくなった理由は住宅ローン以外の借金の返済が関係していました。
今井さんは現在サラリーマンですが、実は5年前まで運送業を営んでいました。
しかし、会社は経営難に陥り2000万円の借金を抱える状態で事実上倒産してしまったのです。
それにより今井さん個人がその借金を背負うことになった訳ですが、毎月5万円という収入に見合わない返済をすることになったのです。
というのも、保証協会の担当者から自宅不動産をいつでも競売にかけることができるということをちらつかされていたからです。
その為、自宅を守るため、住宅ローンの支払い(毎月10万円)と保証協会(毎月5万円)への支払いを何よりも優先し、返済してきました。
しかし、収入に見合わない返済はいつまでも続く訳がありません。
返済が苦しいときは、どうしてもキャッシングや消費者金融に頼らざるを得ません。
結果、この5年間で新たにできた借金はなんと400万円になってしまったのです。
切り詰めた生活をしていたにもかかわらず、どんどん借金が膨らむ、完全な負のスパイラルに陥っていたのです。
結局、保証協会の返済と住宅ローンも支払うことが出来なくなり、ついに銀行から「代位弁済予告通知書」を受け取ることになってしまったのです。
今井さんは早く借金から逃れたいという気持ちでいっぱいでした。
この5年間、着るもの、食べる物、病院に行くことすら我慢し、かなり切り詰めた生活を送ってきました。
特に子供達には不憫な思いをさせてきたそうで、涙ながらに語っておられました。

ご相談者の希望

  • 今の借金から解放されたい
  • 負担が少なければ今の自宅に住み続けたい

解決に至るまで

下記表が今井さん夫婦の収入・支出状況です。

 

収入 支出
23万円 生活費 20万円
7万円 クレジット返済 2万円
    消費者金融 4万円
    *保証協会 (滞納中5万円)
    *住宅ローン (滞納中10万円)
       
30万円 25万円(+滞納分40万円)

 

保証協会と住宅ローンの返済が収入のほとんどを占めています。
やはり自宅については任意売却することが得策です。
また全ての借金から解放されたいということでしたので、破産手続きも選択肢でした。
結果、今井さんは自宅を任意売却し、残る借金については自己破産で解決するという決断をしました。

◆自宅の任意売却について

住宅ローンの残債務2,400万円に対して自宅の資産価値は約2,000万円前後、債権者との協議の結果、1900万円で販売活動をすることに決定しました。
今井さんは住み続けることも希望の一つとしていましたが、債権者の抹消価格が2,000万円となれば、家賃が非常に高額になると考えられました。
結局、自宅については住み続ける任意売却(リースバック)を諦め、引越しをする前提で任意売却の販売活動を行いました。
結果、販売活動から1ケ月後、無事購入者が現れ、任意売却を完了させることができました。

◆破産手続きについて

任意売却によって住宅ローンの残債務は500万円になりました。
そして、保証協会や消費者金融などの借金を合わせるとトータルで3000万円が残ることになりました。
そして、この借金をなくすべく破産手続きの準備を開始。
今回の今井さんの破産手続きは会社の倒産と今井さん個人破産の2件になります。
この場合、会社については管財事件、個人について同時廃止事件になることが考えられます。
しかし会社の倒産手続きには裁判所へ予納金(60万円)を納付しなければなりません。
そしてこの予納金は、法テラスを活用することができないため、今井さん自身が用意しなければなりません。
一般的にこういった予納金を用意するにはまず破産者自身がお金を貯めることになります。
しかし、それでは解決まで時間がかかり過ぎます。
ですので、今回、今井さんの任意売却では引越費用以外にもその予納金を捻出できるよう調整を図っていました。
結果、90万円(引越費用+破産手続費用)の捻出に成功したことで、任意売却完了後すぐに裁判所へ破産の申立てを行うことができるようになりました。

◆今井さんの現在

現在、今井さんは破産管財人によって手続きが進められています。
予定では1年後には全て手続きが終わることになっています。
そして、生活状況はこれまでとは一転し、経済的にとても楽になり、子供達にもお小遣いも渡すこともできるようになりました。
そして何よりも全ての借金から解放されたことで、心にも余裕ができ、仕事にも一層、専念できるようになったとおっしゃられていました。

◆最後に

今井さんの経済状況に大きく影響を及ぼしたのが保証協会の債務でした。
個人保証していたことで債務がふりかかり、自宅まで差し押さえられてしまいました。
そして担当者から競売にすることをちらつかされ、収入とは見合わない毎月5万円という高額な返済呑むことに・・・、これにより消費者金融に手を出すことになりました。
自宅を守りたいという気持ちが強すぎたが故に、客観的な判断を誤り、生活がどんどん苦しくなってしまいました。
もっと早く相談にきていれば借金も膨らまずに済んだと思いますし、もしかしたら個人再生という形で自宅を守れたかもしれません。
借金問題はいかに早く専門家に相談することが重要であると改めて思いました。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。