相談事例

連帯債務者
相続

10年前に自殺した夫の連帯債務、相続財産管理人の申立て&任意売却!【京都府宇治市/55歳・女性】

相談者 御池由美子(仮名)・女性・55歳
所在地 京都府宇治市
職業 小売店でパート勤務
家族 一人暮らし
残債務 2,000万円
住宅ローン債権者 京都信用保証協会(事業用ローン)

ご相談の時期

(競売の申立て前の相談)債権者である京都信用保証協会から突然、一括弁済請求をうけ、それができなければ自宅を競売にすると言われ当社へ相談に来られました。

ご相談内容

御池さんはもともと夫と共に建設会社を経営していました。業界全体が斜陽化する中、会社の負債が膨らみ、代表を務めていた夫は借金を苦にして10年前に自ら命を絶ちました。当時、会社の借金は7,000万円にのぼりましたが、夫の死後、一時的に社長の座についた御池さんが弁護士を入れて会社を清算したため、そのうち5,000万円分は消滅しました。
ただし、残りの2000万円分は御池さんが連帯債務者になっていたため、夫の死後も支払い続けなければなりませんでした。
スーパーでパートとして働きながら、御池さんは毎月2万円ずつ返済を続けていました。

しかしながら、2,000万円の負債の利息が14%もあったため、債務は膨らむばかりでした。
10年間その状態を認めてくれた金融機関もそれでは拉致があかないと考えたのでしょう。
御池さんのもとに一括弁済を求める通知が届いたのです。
当然、2,000万円を一括して支払う資力は御池さんにはありません。
財産と呼べるのは居住している住まいだけなので、自宅を売却するのが唯一の返済方法でした。
そこで御池さんは自宅を売るため、あちこちの不動産会社に声をかけたのですが、どの会社も「売却は不可能」と言われたのです。
御池さんの住まいは権利の半分が宙に浮いた状態だったため、どの不動産会社もどう売却を進めればいいのか分からない物件だったのです。

 

30年前に自宅を購入する際、御池さん夫婦は自宅の所有権を分け、それぞれ半分ずつを保有することにしました。
夫が自殺した際、本来なら夫の持ち分を相続するつもりでしたが、そうすると多額の借金まで受け継ぐことになります。
御池さんは相続放棄を選択したため、自宅の半分は「誰のものでもない」状態となってしまったのです。

誰も権利を持っていない不動産をどうやって売却すればいいのか、ほとんどの不動産業者は知りませんし経験はありません。
弁護士などの法律関係者なら方法は知っているかもしれませんが、御池さんの希望を考慮した形で任意売却に成功させる調整力は期待できないでしょう。
どこに相談しても「売却不能」「わからない」と言われた御池さんが最後にたどり着いたのが、私の事務所でした。

ご相談者の希望

  • 今の自宅に住み続けたい

解決に至るまで

相続放棄されて宙に浮いた不動産を法的に処理するためには、「相続財産管理人」を申し立てる必要があります。
宙に浮いた不動産の処理を申請する権限は、もともと財産を所有していた人の利害関係人、もしくは検察官などが保有しています。
彼らが家庭裁判所に申請し「相続財産管理人」を設置してもらうことにより、「誰のものでもない不動産」を売却できるようになるのです。

御池さんのケースでは当社の司法書士が「相続財産管理人」となるべく申請を行い、家庭裁判所から認定を受けることができました。
任意売却を進めるには一定の期間が必要なので、債権者である京都信用保証協会との交渉も欠かせません。
御池さんに2,000万円の負債を一括弁済させるため、自宅の差押え、競売を計画していた債権者には、手順を踏んで任意売却し、売却代金で返済する工程を私が説明しました。
その結果、任意売却期間として半年間の猶予をもらうことができました。

御池さんが一番希望していたのは夫との思い出が残る自宅に住み続けることでした。
自殺した夫に対しては複雑な気持ちがあるものの、二人で購入し、幸せな記憶もたくさん詰まっている家に住み続けたいという思いには切実なものがありました。
ただし、現状では収入が月額20万円に満たないため、高額の家賃を支払うことは困難です。
投資家に購入してもらい、賃貸借契約を結ぶという手段もありますが、その場合家賃の相場は6万円程度となります。
自宅を売却した後、残債務を返済しながら毎月6万円の家賃を支払うのは困難でした。

そこで私が打診したのは「親族に購入してくれる人がいないか」ということでした。
その結果、御池さんのお姉さんが購入者として手をあげてくれました。
お姉さんにも夫や子どもなど家族がおり、一存では決められることではありません。
高額の不動産を購入しても、お姉さん一家にメリットはないので、家族の意向によってはトラブルになるケースです。
幸い、お姉さん一家は御池さんを助けることに反対せず、買い取りはスムーズに決まりました。

売却価格は周辺相場を参考に650万円、債権者にとっては妥当な価格かどうかが気になるところでしたが、納得してもらうよう詳細な査定資料等を作成し、なんとかその価格で任意売却に協力してくれました。
御池さんは自宅の所有者がお姉さんに変わったものの、それまでと変わらず暮らせることになり、現在も以前とほぼかわらない暮らしを営んでいます。

 

残債務については銀行との話し合いで、これまでと同じく毎月2万円を支払うことで合意を得ることができました。
月額20万円に満たない収入でも支払っていける返済額です。
もし差押えを経て競売になっていたら、住む家を失った上に高額な債務が残ったはずです。
家賃などの住居費を支払いながら、高額の返済を続けるのは御池さんには不可能です。
経済的に破綻することになり、生活は非常に苦しいものになったと思われます。

現在、御池さんの暮らしが成り立っているのは、お姉さんに買ってもらい、家賃の支払いを免除してもらっているためです。
ほとんどの専門家がさじを投げる難しいケースでしたが、任意売却に成功したことで、長期的に継続できる生活再建を実現できたといます。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。