任意売却コラム

任意売却コラム
2018.10.12

住宅ローン返済が厳しくなり任意売却を検討しています。弁護士や司法書士に相談すれば良いのでしょうか?

任意売却を専業にした任意売却専門会社に依頼するほうが、良い成果が得られる確率は高くなります。ただし、「信用」できる任意売却専門会社を見つけ出すことが条件になります。当事務所は司法書士も常駐していますので、任意売却といった不動産売却はもちろん、法律相談・その手続きまでワンストップで対応させていただきます。ご安心して当社までご相談ください。

お悩みごとは気軽にご相談ください

当記事をお読みいただいてもお悩みごとや問題が解決しない場合は、当社へご相談いただくことで解決できる可能性があります。
ご相談は無料ですので、気軽にご相談ください。

任意売却の依頼先

住宅ローンの返済ができなくなると、まず最初に相談する先として思い付くのが、弁護士や司法書士といった法律事務所ではないでしょうか。

そして、相談に行けば、お金の問題として相談にのってはくれるでしょう。
しかし、それはあくまで自己破産などの債務整理でお金の問題を解決することを着地点とした説明で、任意売却は通過点とした説明になってしまいます。
なぜなら、士業事務所は法律手続きが専業で、不動産の販売は専業ではないからです。また、士業事務所は不動産の販売を行うことはできないとされていることも大きく関係しています。

士業事務所でも自己破産の依頼をすれば不動産売却についても対応してくれることがあります。相談先として一番に思いつく士業事務所ですが、果たしてそれが本当に得策なのか、今回は、弁護士や司法書士で行う任意売却についてデメリット・メリットをお話ししたいと思います。

士業事務所で行う任意売却のデメリット

デメリット:任意売却は出来ても、相談者の希望を反映させた任意売却は不得意である。

弁護士・司法書士事務所へ自己破産などの債務整理を依頼すれば、不動産の売却についても対応してくれます。
しかし、対応してくれると言っても、売却する手段は競売も含まれますので、任意売却したいことをはっきりと伝えるようにしてください。

任意売却を検討してくれる場合、前段で言いましたように、士業事務所は不動産の販売活動を行うことはできません。
結局、不動産会社を紹介されることになってしまいます。自分で探す手間が省けると言う点ではメリットですが、果たしてその不動産会社が任意売却に精通した会社であるかどうかが重要になってきます。
士業事務所が紹介する不動産会社だから任意売却は大丈夫だろうと思ってしまうところですが、実はそれは誤りです。

全国には不動産会社が約12万社ありますが、そのうち任意売却を専門にした会社は100社もありません。専門会社を紹介してくれればいいのですが、一般的な不動産会社を紹介されてしまうことがほとんどです。確かに一般的な不動産会社でもその知識があれば任意売却はできます。
しかし、任意売却専門会社と比較すれば、結果に大きな違いが生じるのです。

「結果」とは、任意売却にただ成功するということだけでなく、いかに相談者の希望を反映させた形で成功させるかということです。

例えば、代表的なのが「住み続ける為の任意売却(リースバック)」です。自己破産、任意売却するにしても、今の家に住み続けたいという希望を持たれている方は非常に多くいます。
しかし、士業事務所でリースバックの任意売却を依頼すると「それは難しい」と断られてしまうでしょう。
なぜなら、リースバックができるだけのネットワークをもっていないからです。これは一般的な不動産会社にも言えることです。
また、引越費用や生活準備金の捻出の仕方についても期待できるような結果は得られないのが実際のところです。
弁護士や司法書士事務所で行う任意売却のデメリットは、成功率もさることながら、相談者の希望を反映させた形で任意売却を成功させることが不得意であるということです。

士業事務所で行う任意売却のメリット

メリット1:相談者の生活再建を重きにおいた適切なアドバイスに期待がもてる

メリット2:社会的信用度の高い職種のため、騙されることはまずない

士業事務所で行う任意売却のデメリットは、相談者の希望が反映されにくいということでしたが、メリットもあります。それは相談者の生活再建を重きにおいた適切なアドバイスをしてくれるということです。

例えば、相談内容によっては任意売却ではなく、個人再生で自宅を守り、借金問題を解決することが得策な場合があります。また、任意売却が終わった後の残債務について、債務整理などの必要性を客観的・中立的に説明してくれます。その点、不動産会社や任意売却専門会社は不動産を売却して初めてビジネスとして成立するため、個人再生の提案は極めて消極的です。そもそも、そのような知識が乏しいというのも事実です。

あと、もうひとつメリットがあります。それは「信用」です。
弁護士や司法書士という仕事は法律を扱うだけあって、社会的に信用度の高い職種になります。実務においても、一般の人には出来ない、国から与えられた職権業務というのもあります。
そういう意味で、騙されたり、いい加減な扱いを受けることが少ないというのが士業事務所に依頼するメリットです。

それに対して、不動産会社や任意売却専門会社は正直、いい加減な担当者や会社、団体が結構多くいます私自身のこれまでの経験からも、そういった業界だと悲しくも感じています。
任意売却の検討をされる方のほとんどは、インターネットで検索し、初めて任意売却専門会社の存在を知ります。皆さんが依頼に際して共通して感じられていることは、「本当にここに依頼しても大丈夫なのか・・・」「騙されたりしないだろうか・・・」と不安を抱かれているということです。
そういった意味で、弁護士や司法書士事務所ならば、社会的信用度が高いことで、そのような不安はあまり感じることはないかもしれません。

任意売却の依頼先として相応しいのどっち?
「任意売却専門会社Vs士業事務所(弁護士・司法書士)」

士業事務所で行う任意売却はデメリットもありましたが、メリットがあることも説明でお分かりいただけたかと思います。
しかしながら、結局のところ、どっちに依頼した方がいいのかということですが、結論的には任意売却専門会社の方がいいかと思われます。ただし、そこが信用できる会社であることが条件になります。
信用にイマイチ欠けるような任意売却専門会社でしたら士業事務所に任意売却を依頼する方が気持ち的にもいいのではないでしょうか。
生活再建はお金の問題を解決することと同時に、前向きな気持ちをもつことも重要です。後味の悪い解決になるくらいでしたら、思いきって、士業事務所に任意売却を依頼する方がいい場合もあります。

どうしても、任意売却専門会社にお願いしたい場合は、債務整理を依頼することが条件になりますが、弁護士や司法書士を窓口にして対応してもらうようにしてください。そうすれば、騙されたり、いい加減対応をとられることは少ないかもしれません。

(参考):任意売却の依頼先の選び方

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。