任意売却は必ず成功しますか? 成功率はどれくらいですか?

このコラムの要点

任意売却の相談・依頼をした業者、そして、任意売却の活動開始時期により成功率は異なります。ご参考までに弊社の場合ですと、任意売却の成功率は競売申立て前では約91%、競売申立て後であれば約68%の確率で成功しています。
これからおわかりいただける通り、活動開始が早いほど任意売却の成功率は高まります。もし今、住宅ローンの返済でお困りで任意売却を検討されているのでしたら、今スグ任意売却の専門家へ相談されることをオススメします。

任意売却を一度すると決めれば、あとで「やっぱりやめたい!」というわけにはいきません。

もしやめることになれば、競売になってしまいます。なんとしても成功させなければならない訳ですが、必ず成功できるというものではないのも事実。

任意売却は一般的の不動産売却とは異なり、住宅ローンなどの抵当権者、差押権者など利害関係者全員の同意を得る必要があり、一人でも協力してくれない人がいれば失敗に終わってしまいます。

そう聞くと、任意売却の成功率は非常に低いのでは・・・と思うところですが、利害関係者の多くは金融機関ですから、任意売却についてもよく分かっています。

ですので、決して成功率は低くありません。

競売申立て前の任意売却では約91%の成功率、競売申立て後になるとそれより低くなってしまいますが、約68%の方が成功することができています。

【当社実績】競売の申立て前の任意売却成功率は91%

競売の申立てがなされていない、比較的早い段階で相談をいただいた方の任意売却成功率は、ほぼ100%に近い確率で成功します。

その理由は二つ。

(理由1)時間に余裕がある

競売の申立て前に債権者へ任意売却する旨を伝えれば、その活動期間として、半年から1年の期間が与えられます。この間は住宅ローンの支払いを止めることになりますが、競売の申立てを待ってくれます。

これだけの時間があれば、買主を探すための販売活動に多くの時間を費やすことができるため、任意売却の成功率は各段にあがります。

(理由2)債権者の臨機応変な対応に期待がもてる

不動産にも相場価格がありますが、売却するタイミングによっては100万円、200万円程の変動幅は必ず生じます。
そのため、相場であろう価格で販売活動しても、なかなか売れない場合もありあす。
その場合はやはり価格を下げてみることが必要になりますが、競売の申立て前でれば、債権者は価格調整について臨機応変な対応をとってくれ、買主を見つけやすくなります。
また、引越費用など必要な費用も捻出しやすくなります。

【当社実績】競売の申立て後の任意売却成功率は68%

競売の申立てがされてしまうと、やはり成功率は低下してしまいます。

その理由は3つあります。

(理由1)時間に余裕がない

競売となれば裁判所が介入し売却されるまでの期間が強制的に定められます。
不動産が流通性に乏しい地域なら当然、買主を見つけるのに時間がかかります。
また、利害関係者の数が多ければ、その調整にも時間がかります。

結果、タイムオーバーとなり任意売却ができなくなってしまうことがあります。
また、限られた時間の中で行う任意売却活動はそれを取りまとめる私達の技量にも関係してくるため、経験値低い者が行えばさらに成功率は下がることになります。

(理由2)債権者の臨機応変さに期待がもてない

債権者は競売の申し立てをするのに、裁判所に支払う予納金として90万円を負担しなければなりません。

結果、債権者はその分を任意売却で取り戻そうと考えるようになり、販売価格の見直しが必要な場合でも、それに応じてくれない場合が多くあります。

また、引越費用の面でも本来ならば30万円をもらえるものが、全く貰えないといった場合もあり、債権者の臨機応変さに期待がもてなくなります。
任意売却の決定権者である債権者の対応のありかたひとつで、成功率はかなり低くなってしまいます。

(理由3)税金滞納による差押えがはいる

競売の申し立てがされると、税務署や市区町村は競売になったことを知ります。

結果、税金滞納があれば役所は債務者の所有する不動産を差押えします。
任意売却する場合、この差押え登記を抹消する必要があり、その調整を私達が図るのですが、何百万円もの多額な税金滞納があると、役所はなかなか差押え登記を外してくれません。
中には全額納付しない限り一切外すことをしない役所もあり、任意売却が失敗に終わるケースがあります。

(参考)
多額の税金を滞納していると任意売却ができない、成功率が低くなると聞いたのですが本当ですか?

このお悩み解決コラムの著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

1974年生まれ 大阪府出身
近畿大学 理工学部 卒業

大手ゼネコンにて技術者として従事したのち心機一転、不動産業界へ転職。不動産コンサルティング会社在職中に偶然知った「任意売却」こそ「自分が一生を賭けてやるべき仕事」と直感、一念発起し退職。アポなしで任意売却の専門会社に飛び込み門前払いされるも諦めず、半年間手紙で熱意を伝え続けた末に採用される。真摯に任意売却と向き合い懸命に努力した結果、実績が認められて代表取締役へ就任したものの、独立。日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。
金融機関や士業者からの信頼が厚く、任意売却の専門家として全国各地で講演も行う。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。
『幻冬舎ゴールドオンライン』、『マイベストプロ京都』にてコラム執筆中。著書に『住宅ローンが払えなくなったら読む本』(幻冬社)がある。

著書『住宅ローンが払えなくなったら読む本』

幻冬舎出版 / 2017年2月14日発売

リストラ、離婚、介護…思わぬ事態で住宅ローンが払えなくなったら? トラブル別の対象法や法律手続きについても具体例とともに説明しています。自宅という大きな財産を失う金銭的・心理的不安を解消し、問題を総合的に解決するための指南書です。

Amazonで購入する

{key_image_alt}

お悩み解決コラムの一覧へもどる

お悩み解決コラムの一覧へもどる