裁判所から家へ、執行官が来ます。何をしに来るのでしょうか?

競売の入札を行うための資料作成のために行われるものです。執行官と不動産鑑定士の二人が自宅に訪れ、時間にして30分~1時間程度で終了。室内の写真を撮ったり、間取りを書いたり、目視による境界確認、占有者の確認などを行います。なお、執行官による調査は法律に基づいた強制的なものですので無視できません。

競売の申立てがなされると、裁判所から執行官が家を訪問することを知らせる手紙が早々に届きます。
この訪問は、競売の入札を行うための資料作成のために行われるものです。ですので、「執行官が来る」イコール「引越さなければならない」ということではありません。

なお、裁判所の執行官は、訪問時に主に次のようなことを行います。

  • 室内の写真を撮る
  • 間取りを書く
  • 目視による境界確認
  • 設備・構造上不備の確認
  • 土地の大きさ・形状の確認
  • 占有者の確認

通常、執行官と不動産鑑定士の二人が自宅に訪れ、時間にして30分~1時間程度で終了します。

さて、「裁判所から執行官が来る」となると何だか怖い感じがして、気持ち的に逃げ出したくなる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、執行官による調査は法律に基づいた強制的なものですので、これは無視できません。
居留守をつかったり、入り口を施錠していたりしても、強制的に解錠し執行官は自宅の中へと入って来ます。それだけ、執行官には強い権限が与えられているということなのです。

もし、どうしても都合が合わず立ち会いできない場合は、裁判所に連絡をして日程変更を相談・依頼してください。
尤も、既に空き家の状態になっている場合でしたら、対応の必要は特にありません。

任意売却からすま相談室へ相談する

この回答の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

これまでに1,200件を超える住宅ローン返済・滞納問題を解決してきた、任意売却のエキスパート。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。

詳しいプロフィール

よくいただくご質問の一覧へもどる