よくあるご質問

競売になってしまうデメリットを教えてください。

競売は債務者や不動産所有者にとって非常にデメリットの多い売却手段になります。

 

 

 

 

競売のデメリット

 

◆安値で売却されてしまい、借金が多く残ってしまう
競売市場は不動産会社の仕入れの場となっているため、相場の6~7割で取引されてしまいます。結果、借金も多く残ってしまうことになります。

 

◆引越費用などの現金を受け取ることが出来ない
競売は強制的にその家の住人を追い出すことができる売却手段になります。そのため任意売却では貰える引越費用を落札者から貰うことはできません。

 

◆住み続けることは出来ない
競売は不動産会社が再販目的として仕入れる場になります。投資用不動産出ない限り、そのまま住み続けることは極めて難しくなります。

 

◆近隣住民への情報流布
競売になってしまったことはインターネットやチラシ等にも掲載されてしまいます。結果、近隣住民に知れ渡ってしまう確率は非常に高くなります。

 

 

任意売却という手段がある限り、競売で自宅を失うことはとてもデメリットの多い売却手段になります。

 

唯一メリットがあるとすれば、何もしなくても良いとういう点になりますが、少しでもより良い生活再建環境を整えるのであれば、競売を避け任意売却することをおすすめします。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。