よくあるご質問

競売になってしまったら家財道具などどうしたらいいのですか?

法律的な観点から言えば、家財道具などの残置物は、ご自身で処分しなければなりません。

 

落札者にはその費用を動産物所有者に請求する権利があるからです。

 

しかし、現実的には余程の量でない限り、落札者から処分費用を請求されることはありません。

 

なぜなら、競売に参加する方の多くはプロの不動産会社です。

 

事前に室内の状況を写真で確認していますし、残置物があることも想定して入札金額を決めているからです。

 

また、経済的事情により競売になってしまった方への請求はあまり意味のなす行動ではないとも思っているからです。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。