アンダーローンでも個人再生はできますか?

はい、可能ですが注意は必要です。「住宅ローン債務と自宅資産価値の差額分」と「個人再生で定める法律上の最低弁済額」を比較し、それら2つのうち多い方の額が今後少なくとも、返済していく借金として残るからです。場合によっては、個人再生する意味がないこともあります。

はい、可能です。ただし、注意は必要です。
「住宅ローン債務と自宅資産価値の差額分」と「個人再生で定める法律上の最低弁済額」を比較し、それら2つのうち多い方の額が今後少なくとも、返済していく借金として残るからです。

例えば、アンダーローンによる差額が500万円(自宅資産価値 - 法律上の最低弁済額)の場合、毎月8~14万円を返済することになります。さらに、住宅ローンの返済もあります。これでは、個人再生をする意味があるのか? となります。

この回答の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

これまでに1,200件を超える住宅ローン返済・滞納問題を解決してきた、任意売却のエキスパート。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。

詳しいプロフィール

任意売却からすま相談室へ相談する

よくいただくご質問の一覧へもどる