よくあるご質問

任意売却と自己破産を一緒にすることは可能ですか?

可能です。自己破産は借金を整理する法的手段、任意売却は不動産を売却する手段。それぞれ別々の扱いになりますので、自己破産の有無に関係なく任意売却することは可能です。

 

ただし、「任意売却をしてから、破産の申立てをする」という順番をとらなければなりません。

 

そうすることで、任意売却の成功率が向上し、メリットを多くもたらします。

 

自己破産手続きには同時廃止事件と管財事件があるのですが、住宅などの財産を所有した状況で自己破産の申し立てをすると、原則、管財事件の扱いとなります。

 

管財事件となれば、その費用は最低でも50万円以上必要になります。

 

また、不動産売却の主導権が債務者から裁判所の指定する破産管財人に変わるため、債務者の希望が繁栄されにくい環境で任意売却が進められてしまいます。

 

また、管財人は不動産売却のプロではありませんので、やはり不慣れさが成功率に大きく影響してしまいます。

 

一方、住宅などの財産を先に売却すれば、破産は同時廃止事件として扱われることが多くあります。

 

同時廃止事件の申立て費用は法テラスを活用すれば10万円程度で済み、かつ分割弁済も認められます。

 

そしてなによりも任意売却は債務者主導で進めることができるため、引越費用の捻出、住み続ける為の任意売却など多くのメリットを机上に並ばせることができるのです。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。