よくあるご質問

自己破産すると車はどうなるのですか?

処分しなければならないケースとしなくてもよいケースがあります。処分しなければならないケースとは、まずローンが残っているかどうかによって異なります。

 

ローンが残っていない場合、その車の資産価値が20万円を満たなければ処分する必要はありません。

 

しかし、20万円以上の資産価値になると整理の対象となり処分しなければなりません。

 

そして、まだローンが残っている場合は、車の名義がローン会社であったりしますので、整理の対象となり車は引き揚げられることになります。

 

 

◎どうしても車だけは手放したくない場合はどうするのか

 

■車の資産価値と同額のお金を自由財産から捻出し、破産財団から車を放棄してもらう

 

■親族や知人の協力を得て破産財団から車を購入してもらう

 

 

<参考>
20万円以上の資産価値がある場合でも、稀に裁判所は債務者に車の所有を認める場合あります。それは、車がなければ生活できないような場所に住んでいる場合、持病で病院に通う為、親の介護に必要といった場合は特例的に認められるケースがあります。

 

 

<注意>
破産直前に車の名義を親族や知人に変更しようとする方がおられますが、正当な事由がないと裁判所が判断すれば、自己破産をすることができなくなりますので、注意してください。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。