よくあるご質問

個人再生(小規模個人再生)はどのくらい借金が減額されるのですか?

再生計画案が認可されれば、下記表に示す最低弁済額まで借金は減額されます。

 

 

借金額 最低弁済額
100万円未満 借金全額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1500万円未満 借金額の5分の1
1500万円以上3000万円未満 300万円
3000万円以上5000万円以下 借金額の5分の1

 

 

例)住宅ローンが1500万円、その他の借金600万円がある場合

 (住宅資金特別条項あり)

 

◆住宅ローン以外の借金600万円について
600万円×1/5=120万円まで減額されます。
これを再生計画認可後、通常3年間で分割返済していくことになります。
120万円×1/36ケ月≒33,000円/月

 

 

◆住宅ローン1500万円の返済方法について
住宅ローンは従来通りの返済額を支払っていくことが原則になりますが、再生計画によっては、次のような方法で毎月の返済額を軽減させることができます。

 

①住宅ローンの弁済期間を延長する
住宅ローンの返済期間を最大10年延長させることで、月々の返済額を軽減させます。

 

②元本据置
住宅ローン以外の借金を再生計画に基づいて支払っている3年間だけ、住宅ローンの金利のみを支払い、毎月の負担額を減らすことができます。3年経つと、住宅ローンは約定通りの返済額(元本+金利)に戻ります。

 

③債権者に同意を貰って返済計画を見直す
上記①と②は債権者の同意を得ることなく行える返済方法ですが、住宅ローンの債権者の同意が得られれば、これとは違う方法で返済計画を定めることもできます。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。