よくあるご質問

前夫が住宅ローンを払ってくれません。どうしたらいいでしょうか?

離婚をし、慰謝料代わりにと前夫名義の家に前妻と子がそのまま住み続けるというケースがありますが、数年後、前夫に任せていたはずの住宅ローンが急に支払われなったというお話しは非常に多くあります。

 

この場合、このまま滞納が続き、何もしなければ、競売になってしまうことは避けられないでしょう。

 

もし前夫の居所が分かるのであれば、早急に調べてください。

 

そして、住宅ローンを支払うよう伝えてください。

 

しかし、払えないから滞納するわけですから、伝えたところで、必ずそうしてくれるとば限りません。経済的事情でどうしても支払いが出来ない状況であれば、選択肢は次の2つになります。

 

 

 

①代わりに前妻が住宅ローンを支払う

 

前夫が支払えないのなら、家に住み続けている前妻が変わりローンを支払います。

 

しかし、前妻が連帯保証人や連帯債務者といった権利者になっていなければ、銀行は前妻(第三者)からの返済を受け取ってくれません。

 

ですので、住宅ローンが引き落としされる前夫の通帳を前妻が預かるなどして振り込みができるようにしてください。

 

 

 

②前夫に任意売却することの同意を得る

 

前妻が前夫の変わりに住宅ローンを返済することができなければ、任意売却するしかありません。

 

任意売却には住み続けることのできるリースバックがありますので、それに向けた検討をします。

 

ただ、任意売却するには不動産所有者(名義人)の同意が必ず必要になります。

 

ですので、前夫に任意売却することの同意を得るようにしてください。

 

 

 

上記⓵、②は前夫とコンタクトがとれ、協力してもらわなければなりません。しかしそれが出来なければ、①と②の選択肢はなくなり、競売になってしまうことは避けられません。

ですので、前夫が住宅ローンを滞納したということが分かればすぐに接触を図る行動をとってください。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。