競売にかけられる(かけられた)自宅を取り戻せますか?

取り戻せます。ただし、条件が3つあります。①第三者の協力を得て、②確実に落札できる金額を提示し、③現金を用意する、の3つです。これらができれば、競売にかけられる(かけられた)自宅を取り戻せます。とは言え、経済的な理由で住宅ローン返済が滞り、自宅が競売にかけられた方にとっては大変ハードルが高い条件です。ですから、まずは当社のような住宅ローン滞納問題解決の専門会社へ早急にご相談になってみてください。

3つの条件を揃えられれば、競売にかけられる(かけられた)自宅は取り戻せます

①第三者の協力を得られること

競売は誰でも参加できるものではありません。特に、自宅を競売にかけられる(かけられた)当人である債務者は競売に参加できませんので、第三者の協力を得られなければなりません

ちなみに、連帯保証人、物上保証人は競売へ参加できます。

②確実に落札できる金額を提示できること

競売は、参加者を広く募り、入札方式で、購入者が落札価格を決めるものです。最も高値を提示した個人や法人などが落札者となりますので、自宅を取り戻すには必ず一番の高値を提示しなければなりません。

もちろん、高額で提示すればするほど落札できる可能性は高まりますが、高すぎる買い物となってしまうかもしれません。次の③で挙げるように、その高額落札のための現金を準備できることが条件(前提)でもあります。

ですから、自宅不動産の資産価値を慎重に適正に評価し、「これなら間違いなく落札できる!」という金額を見出すことが大変重要になります。

③落札価格を現金で用意できること

不動産会社などの法人はローンを使えますが、競売物件を購入する場合に個人はローンを組めません
ですので、個人の方が「取り戻したい!」とお考えならば、購入代金を現金を用意できなければなりません。

今すぐ、住宅ローン問題解決の専門会社へ相談するのがベスト

「取り戻すことは可能」とは言え、一般の個人の方にとって上述3つの条件をすべて揃えるのは、大変ハードルが高いと言えます。

ですので、「競売で自宅を取り戻したい!」と本気でお考えの方は、当社のような住宅ローン問題解決の専門会社へ早急にご相談になることをオススメします。

住宅ローン問題解決・任意売却のことなら「任意売却からすま相談室」へ

当相談室は、2014年から住宅ローンの返済・滞納でお悩みの方々へ向けて、主に任意売却による解決をご提供する専門会社である烏丸リアルマネジメント株式会社が運営しています。

これまでの解決実績は1,200件を超え、特に関西エリアでは有数の解決実績を誇る、任意売却のエキスパートです。

「任意売却からすま相談室」が選ばれている理由

  • 競売にかけられる前で回避、かけられた後の取り下げなど、競売を回避した多数の実績があります
  • 手持ちのお金がなくても、相談・依頼できます
  • 悩みや苦しみ、ストレスから解放され、安心して暮らせるようになります
  • 誰にも知られることなく解決でき、何ごともなかったかのように生活できるようになります
  • 後悔のないベストな解決で、気持ちよく新たな生活をスタートできます

住宅ローンの返済・滞納がキッカケで、ご自宅が競売にかけられてしまった方、そして、なんとかして取り戻すことができないか? とお考えの方は、ぜひ一度当社へご相談ください

任意売却からすま相談室へ相談する

この回答の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

これまでに1,200件を超える住宅ローン返済・滞納問題を解決してきた、任意売却のエキスパート。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。

詳しいプロフィール

よくいただくご質問の一覧へもどる