任意売却を依頼していますが売れません…ナゼでしょうか?

任意売却の販売活動を行なっていても売れない理由は、大きく2つ考えられます。①売却価格が高過ぎる ②売却活動が行われていない、のいずれかです。現在の依頼先である任意売却業者が「売れない理由」「本当の理由」を教えてくれるとは限りません。心配・不審に思われたならば第三者、つまり、他の任意売却業者へ相談してみてください。売れない理由がわかる可能性が高いです。

任意売却を依頼したにも関わらず、売れないときの2つの理由

「他の任意売却業者に任意売却を依頼しているのですが、なかなか売れません。なぜでしょうか?」

既に、他社へ任意売却を依頼されたという方から「売れないのはナゼ?」とご相談をいただくことは、実はよくあります

今、任意売却を必要とされていない当事者ではない方でしたら、「任意売却を依頼している会社へ電話をして、尋ねれば良いのでは?」とお思いになると思います。

ところが、実は任意売却業者が「売れない理由、本当の理由」を教えてくれるとは限らないのが現実なのです。

その本当の理由としては、大きく2つが考えられます。

  • ①売却価格が高過ぎる
  • ②売却活動が行われていない(もしくは、消極的である)

それぞれご説明していきます。

①売却価格が高過ぎる

まず大原則として、不動産の良し悪しは価格で決まります

いくら駅から近くてキレイな物件でも、高ければ絶対に売れません。逆に、どんなに駅から遠くて古い建物であっても、また、権利関係が複雑な物件であっても、安ければ必ず買主は現れるものです。

任意売却の際、実質的に売却価格を決定するのは、債権者(金融機関)です。

債権を少しでも多く回収したいがために、立地や築年数、間取りなどが加味された相場価格とズレた売却価格で債権者が売り出してしまえば、売却価格が高すぎることが理由で売れません

任意売却で売れない、買主が現れない場合の理由のほとんどは、「売却価格が高過ぎる」ことです。

大抵の債権者は、状況を見て売却価格を下げるなど対応してくれますが、まったく下げない債権者も中にはいます。特に、既に競売の申し立てがなされている状況ですと、売却価格の変更になかなか応じてもらえないことが多いですから、要注意です。

②売却活動が行われていない(もしくは、消極的である)

通常、任意売却の依頼者と依頼先の任意売却専門業者との間で、「専任媒介契約(もしくは、専属専任媒介契約))」を締結します。

その際、「レインズ」という不動産管理システムへ不動産情報を登録し、売却活動を行います。登録により、その他多くの不動産会社と物件情報を共有でき、売却活動を促進させられる(手伝ってもらえる)からです。

ところが、レインズへ登録せず、他社の協力を得ず、自社のみで買主を見つけようとする任意売却業者が存在します。

なぜなら、自社で買主を見つけて任意売却を成功させられれば、任意売却の依頼者である売主、そして、見つけて来た買主の両方から、仲介手数料を得られるからです。
一方、レインズへ登録して同業他社の不動産業者に買主を見つけられると、得られるのは売主からの仲介手数料のみ。

そのため、得られる「仲介手数料 = 報酬」が減ってしまうことを嫌って「任意売却の依頼者 = 売主」を囲い込み、同業他社の不動産業者による販売協力を得ようとしない、任意売却業者が存在しますその結果、なかなか売れないのです

売主の事情や都合などをまったく無視し、自分たちのビジネス的な利益のみを優先した売却活動により、買主をなかなか見つけ出せない状況を作り出している、続いてしまっている...それに売主は付き合わされてしまっていると言えるでしょう。

そして、その「囲い込み」という行為。他社に顧客を取られないよう、共同仲介(売主と買主とで別の不動産会社が不動産取引に関与すること)を拒否したり、十分な宣伝活動を行わなかったりすることを指しますが、これは立派な違法行為に当たります。ただ、罰則はなく、立証も困難であるがために、特に大手不動産会社などでは日常的に横行しているのが実情です。

任意売却を依頼する際には、そうした悪行を働く任意売却業者の下を尋ねないよう、注意が必要です。

売れない理由を調べる方法

まず、「①売却価格が高過ぎる」から売れないのか、「②売却活動が行われていない(もしくは、消極的である)」から売れないのかは、簡単に調べることができます。

「レインズ」に当該不動産の情報が登録されているか? を確認するだけです

レインズに登録されていれば「①売却価格が高過ぎる」が原因。登録されていなければ「②売却活動が行われていない(もしくは、消極的である)」が原因です

あるとき、「売れなくて困っている」とご相談いただきました。物件の所在地を教えていただき簡易査定したところ、①「売却価格が高すぎる」ことが原因でした。相場以上の価格が売却価格として設定され、その差、なんと約500万円。これでは、売れるわけがありません。

債権者である金融機関の「少しでも多く回収したい」という気持ちも理解はできるものの、売却できずに競売になってしまえば本末転倒です。

もし、任意売却を依頼されていて「なかなか売れない…」とお悩みでしたら、他の任意売却業者へ相談なさることをオススメします。売れない理由がわかるかもしれません。

そこで、「任意売却できる見込みはあるのか?」「なぜ債権者は価格を見直してくれないのか?」などを確認されると良いでしょう。その回答次第では、現在の依頼先に見切りをつけ、他の任意売却専門業者への依頼を検討されると良いでしょう。

他社で売れなくてお困りなら「任意売却からすま相談室」へご相談ください

当相談室は、2014年から住宅ローンの返済・滞納でお悩みの方々へ向けて、主に任意売却による解決をご提供する専門会社である烏丸リアルマネジメント株式会社が運営しています。これまでの解決実績は1,200件を超え、特に関西エリアでは有数の解決実績を誇る、任意売却のエキスパートです。

「任意売却からすま相談室」が選ばれている理由

  • 解決実績1,200件以上、住宅ローン問題・任意売却のエキスパートです
  • 競売への対応は残された時間との戦い。迅速な対応が可能です
  • 手持ちのお金がなくても、相談・依頼できます
  • その他の借金の清算もお任せいただけます
  • 悩みや苦しみ、ストレスから解放され、安心して暮らせるようになります
  • 誰にも知られることなく解決でき、何ごともなかったかのように生活できるようになります
  • 後悔のないベストな解決で、気持ちよく新たな生活をスタートできます

他社へ任意売却を相談・依頼したところ、売却ができずに困っている...業者からの連絡がない...などでお困りでしたら、ぜひ一度当社へご相談ください

任意売却からすま相談室へ相談する

この回答の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

これまでに1,200件を超える住宅ローン返済・滞納問題を解決してきた、任意売却のエキスパート。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。

詳しいプロフィール

よくいただくご質問の一覧へもどる