任意売却が終わった後の残債務はどうなるのですか?

残債務の請求を受けます。ただし、任意売却では銀行との間でその返済計画を見直す機会が設けられます。残金の額の大小に関係なく、その方の収入と支出のバランスから返済額が決定され、一般的には毎月10,000円程の返済となる方が多いです。生活を脅かされるような請求を受けることはありません。

任意売却される方の多くは依然借金が残ることになりますが、この借金について、債権者はこれまでと同じ毎月の返済額を要求してくることはまずありません。

なぜなら、住宅ローンの返済が出来なくなったから任意売却をした訳ですから、これまでと同じ額の返済ができてはつじつまが合わなくなるからです。

ですので、任意売却後の毎月の支払い額については、債権者が主導して決めるのではなく、債務者の生活状況に合わせて返済額を決定します。

もし仮に債権者が毎月5万円を支払えと言ってきたとしても、それを支払えるだけの収入がなければ、その5万円は絵に描いた餅になります。

一般的に月々10,000円位を返済している方が多くいます。

しかしながら、この1万円の支払いをいつまで続けなければならないのかということが疑問になります。

例えば500万円の残債務に対して月々1万円支払うこととなった場合、完済するのに40年以上かかるということになります。

果たして債権者は40年もの長い月日をかけてまで回収を試みようとするのでしょうか。

答えはNOです。

実は任意売却後に残った借金は不良債権と言われ、回収見込みがないお金として扱われます。

ですので、銀行や保証会社はこういった不良債権を所有するのを嫌い、サービサーという不良債権ばかりを扱う会社に売却(債権譲渡)してしまうのです。

すると今度はそのサービサーが窓口となり借金を支払えと言われることになるのですが、その借金は依然、不良債権であることに変わりありません。

よってこのサービサーも全額回収できるとは思ってはいないのです。

また、サービサーはこの不良債権を銀行や保証会社から極めて安い金額で購入していることもあり、最終的には、双方が折り合える金額にまで減額され、和解というかたちで決着されます。

残った借金については自己破産などの債務整理によって解決する方法もありますが、実は自己破産しなくとも和解という形で終止符が打たれるということも知っておいてください。

この回答の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

1974年生まれ 大阪府出身
近畿大学 理工学部 卒業

大手ゼネコンにて技術者として従事したのち心機一転、不動産業界へ転職。不動産コンサルティング会社在職中に偶然知った「任意売却」こそ「自分が一生を賭けてやるべき仕事」と直感、一念発起し退職。アポなしで任意売却の専門会社に飛び込み門前払いされるも諦めず、半年間手紙で熱意を伝え続けた末に採用される。真摯に任意売却と向き合い懸命に努力した結果、実績が認められて代表取締役へ就任したものの、独立。日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。
金融機関や士業者からの信頼が厚く、任意売却の専門家として全国各地で講演も行う。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。
『幻冬舎ゴールドオンライン』、『マイベストプロ京都』にてコラム執筆中。著書に『住宅ローンが払えなくなったら読む本』(幻冬社)がある。

著書『住宅ローンが払えなくなったら読む本』

幻冬舎出版 / 2017年2月14日発売

リストラ、離婚、介護…思わぬ事態で住宅ローンが払えなくなったら? トラブル別の対象法や法律手続きについても具体例とともに説明しています。自宅という大きな財産を失う金銭的・心理的不安を解消し、問題を総合的に解決するための指南書です。

Amazonで購入する

{key_image_alt}

よくいただくご質問の一覧へもどる