任意売却が失敗するケースとはどんな場合ですか?

任意売却は100%成功するものではありませんので、どうしても失敗に終わる場合もあります。 その失敗してしまう主な原因が以下になります。 ①債権者が主張する販売価格が実際の不動産相場価格以上の場合 債権者は少しでもお金をたくさん回収したいと思っているため、出来るだけ高く売るよう求めてきます。 もちろん高く...

任意売却は100%成功するものではありませんので、どうしても失敗に終わる場合もあります。

その失敗してしまう主な原因が以下になります。

①債権者が主張する販売価格が実際の不動産相場価格以上の場合

債権者は少しでもお金をたくさん回収したいと思っているため、出来るだけ高く売るよう求めてきます。

もちろん高く売れれば債務者にとっても借金が少なくなるのでいいことなのですが、あまりにも相場とかけ離れた高い金額を債権者が主張してきた場合、購入者は現れず任意売却が失敗に終わることがあります。

②税金等の滞納で差押えしている役所が任意売却に協力しない場合

不動産に差押えが付いている場合、その差押えをしている債権者の同意を得て任意売却を進めなければなりません。

その差押え権者として代表的なのが役所になるのですが、滞納額が数百万円と高額であったり、納税意思が全く感じられないと判断されてしまうと、任意売却に協力してくれない場合があります。

③時間が無いケース

任意売却は通常の不動産売却とは異なり時間の制約があります。

特に競売の申立てがされ、入札まで残り僅かな時間しかないようなケースにおいては、任意売却を行うことができない場合があります。

④内覧が出来ないケース

投資用マンションの任意売却では内覧を行わないケースもありますが、ほとんどの場合、購入者は内覧をして購入意思決定します。

競売では内覧をすることなく書面情報だけで購入者が決定されますが、その分安くなったり、所有者(債務者)の希望は繁栄されません。

所有者にとってメリットを付け加えることの出来る任意売却では、必ず内覧が必要になります。

⑤共有者の同意が得られないケース

任意売却だけに限らず、不動産を売却する場合は必ず所有者の売却同意が必要になります。

共有者が複数おりその内一人でも売却に協力してくれなければ任意売却を行うことはできません。

この回答の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

1974年生まれ 大阪府出身
近畿大学 理工学部 卒業

大手ゼネコンにて技術者として従事したのち心機一転、不動産業界へ転職。不動産コンサルティング会社在職中に偶然知った「任意売却」こそ「自分が一生を賭けてやるべき仕事」と直感、一念発起し退職。アポなしで任意売却の専門会社に飛び込み門前払いされるも諦めず、半年間手紙で熱意を伝え続けた末に採用される。真摯に任意売却と向き合い懸命に努力した結果、実績が認められて代表取締役へ就任したものの、独立。日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。
金融機関や士業者からの信頼が厚く、任意売却の専門家として全国各地で講演も行う。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。
『幻冬舎ゴールドオンライン』、『マイベストプロ京都』にてコラム執筆中。著書に『住宅ローンが払えなくなったら読む本』(幻冬社)がある。

著書『住宅ローンが払えなくなったら読む本』

幻冬舎出版 / 2017年2月14日発売

リストラ、離婚、介護…思わぬ事態で住宅ローンが払えなくなったら? トラブル別の対象法や法律手続きについても具体例とともに説明しています。自宅という大きな財産を失う金銭的・心理的不安を解消し、問題を総合的に解決するための指南書です。

Amazonで購入する

{key_image_alt}

よくいただくご質問の一覧へもどる

よくいただくご質問の一覧へもどる