任意売却の成功率はどのくらいですか?

任意売却の成功率は、競売の申し立てがされる前でしたら91%、競売が申し立てされた後でしたら68%です。この数値は当社の統計にもとづくものです。
これほどまでに成功率が高くなることからも、任意売却は銀行にとってもかなりのメリットがある不動産売却の手段であることがわかります。

任意売却には成功率を大きく左右させる分岐ポイントがあります。それは債権者(銀行)が競売の申立てをする前後の時期になります。

その目安として、銀行から保証会社に窓口が変わる「代位弁済」の手続きが行われた否かが基準です。

代位弁済がされる「前」(競売申立てがされる前)に債権者に任意売却したい意向を示せば91%の確率で任意売却に成功し、代位弁済された「後」(競売申立てがされた後)に任意売却の意向を示すとその成功率は68%になるという結果がでています。

なぜ、ここまでの差が生じてしまうのかと言うと、競売は裁判所主導で限られた短い時間(3~4ケ月)の中で任意売却活動を行わなければならないからです。

特に相談が遅ければ遅いほど入札時期に近づき成功率は下がります。

また、競売の申立てがされると80万円以上の費用が発生し、その費用が不動産価格に上乗されることが多くあります。

そうすると、どうしても相場より高い金額設定になってしまい、購入者がなかなか現れないということになってしまうのです。

実は、債権者としても出来ることなら競売を避け、債務者の意向さえあれば任意売却に協力したいという思いがあります。

その為、競売申立て前の任意売却では、債権者の臨機応変な対応にも期待がもて成功率に上がってくるのです。

任意売却からすま相談室へ相談する

この回答の著者

烏丸リアルマネジメント株式会社
代表取締役
矢田 倫基

宅地建物取引士
任意売却コンサルタント

これまでに1,200件を超える住宅ローン返済・滞納問題を解決してきた、任意売却のエキスパート。数多くの住宅ローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏のみならず全国から相談者が後を絶たない。

詳しいプロフィール

よくいただくご質問の一覧へもどる