タグ相続問題についてのご質問一覧

4件中1〜4件目を表示

  • はい、可能です。相続放棄により相続人がいなくなった不動産を「相続人不存在不動産」と呼びますが、こうした不動産を売却するには家庭裁判所へ「相続財産管理人選任の申し立て」を行わなければなりません。このとき、実際に不動産が売却されるまでには申立てから1.5ケ月ほどの時間を要します。そのため、もし既に競売を申立てられている場合は、時間的制約のために任意売却の成功率は低くなりますが、そうした状況でなければ任意売却は十分可能です。当社のように、相続財産管理人の設置までお手伝いできるような専門業者へ相談なさってください。

    続きを読む

  • 不動産を売却するにはその所有者の売却同意が必ず必要になります。しかし、その所有者が認知症などを患い意思判断能力が欠けていると、その同意をとることができなくなります。 この場合、本人(父)の代わりとなる成年後見人を設置することで不動産の売却が可能になります。成年後見人は家庭裁判所へ申し出ることから始...

    続きを読む

  • はい、売却できます。家庭裁判所へ「相続財産管理人専任の申立て」を行うことで、不動産売却の手続きを進められます。ただし、場合によっては思うような売却結果が得られないこともあります。つまり、費用倒れになってしまうリスク(危険性)があるということです。また、「相続財産管理人選任の申立て」を要する任意売却を行う場合は、債権者へ事前に任意売却に協力してくれるかを確認した上で申立てされることをオススメします。

    続きを読む

  • はい、可能です。 相続人を特定し不動産の相続登記を完了させれば、売却が可能になります。 当然、相続人全員の売却同意は必要になります。 任意売却においても相続登記をする場合はありますが、限られた時間の中での活動になる為、早い段階で相続人を特定し、売却同意を貰うようにしてください。

    続きを読む

タグ相続問題についてのご質問一覧

4件中1〜4件目を表示