よくあるご質問

任意売却が失敗するケースとはどんな場合ですか?

任意売却は100%成功するものではありませんので、どうしても失敗に終わる場合もあります。

 

その失敗してしまう主な原因が以下になります。

 

 

①債権者が主張する販売価格が実際の不動産相場価格以上の場合

 

債権者は少しでもお金をたくさん回収したいと思っているため、出来るだけ高く売るよう求めてきます。

 

もちろん高く売れれば債務者にとっても借金が少なくなるのでいいことなのですが、あまりにも相場とかけ離れた高い金額を債権者が主張してきた場合、購入者は現れず任意売却が失敗に終わることがあります。

 

 

 

②税金等の滞納で差押えしている役所が任意売却に協力しない場合

 

不動産に差押えが付いている場合、その差押えをしている債権者の同意を得て任意売却を進めなければなりません。

 

その差押え権者として代表的なのが役所になるのですが、滞納額が数百万円と高額であったり、納税意思が全く感じられないと判断されてしまうと、任意売却に協力してくれない場合があります。

 

 

③時間が無いケース

 

任意売却は通常の不動産売却とは異なり時間の制約があります。

 

特に競売の申立てがされ、入札まで残り僅かな時間しかないようなケースにおいては、任意売却を行うことができない場合があります。

 

 

④内覧が出来ないケース

 

投資用マンションの任意売却では内覧を行わないケースもありますが、ほとんどの場合、購入者は内覧をして購入意思決定します。

 

 

競売では内覧をすることなく書面情報だけで購入者が決定されますが、その分安くなったり、所有者(債務者)の希望は繁栄されません。

 

所有者にとってメリットを付け加えることの出来る任意売却では、必ず内覧が必要になります。

 

 

⑤共有者の同意が得られないケース

 

任意売却だけに限らず、不動産を売却する場合は必ず所有者の売却同意が必要になります。

 

共有者が複数おりその内一人でも売却に協力してくれなければ任意売却を行うことはできません。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。