よくあるご質問

任意売却のデメリットを教えてください

何と比較するかでデメリットの有無が決まります。

 

任意売却はローンの返済が出来なくなった方を対象とした売却手段になります。

 

住宅ローンの支払いが出来無くなれば、競売によって強制的に売却されてしまう為、任意売却は常に競売との比較で考えること基本になります。

 

しかしながら、離婚によって不動産を売却せざるを得ないとか、今は支払いが出来ても近い将来ローンの支払いが出来ないような場合、競売との比較も去ることながら、通常の不動産売却と比較した場合のデメリットについても知っておく必要があります。

 

 

 

◎競売と比較した場合の任意売却のデメリット

 

結論的にはデメリットはないと思ってもらって結構です。

 

ただ、売却活動を行う為に内覧のご協力や契約、決済へ参加しなければならないという負担がデメリットになるかもしれません。

 

 

 

◎通常の不動産売却と比較した場合に任意売却のデメリット

 

■任意売却に失敗すれば競売になってしまうリスクを負う。

 

■個人信用情報に事故履歴有りとして分類され、今後金融機関などからお金を借りることが難しくなることがある。

 

■借金が残る状態での売却となるため、任意売却が終わっても支払いは継続する。

 

■信頼できる任意売却業専門会社を探し出すことが難しい。

 

 

 

<まとめ>
任意売却は競売と比較すれば、メリットある売却手段になりますが、通常の不動産売却との比較になればデメリットのある売却手段になります。

 

住宅ローンを支払えるだけの経済状況にある方にとっては選択すべきものではないことを知っておいてください。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。