よくあるご質問

任意売却する場合、買主に売却事情を伝えなければいけないのですか?

はい、購入者には結果的に売却事情を伝えることになってしまいます。

 

任意売却は通常の不動産売却とは異なり、実際に取引を行う決済日まで何が起こるかわかりません。

 

例えば、新たな債権者から差押え登記がはいれば、契約書通りの日に決済が行うことができなくなります。

 

その為、買主さんには契約前にそういったリスクについて説明しておく必要があるのです。

 

そして、契約書にも

 

「抵当権、差押え権者の抹消同意を要する」、「決済日までに抵当権等の抹消ができなければ契約は白紙解約とする」

 

と任意売却特有の文言が記載します。

 

ですので、売主さんの売却事情は、おのずと買主さんに伝わることになってしまうということです。

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。