任意売却の依頼先の選び方

債権者が進める債権者主導型の任意売却に気を付けろ!

任意売却は債務者だけでなく債権者にもメリットのある売却方法です。それ故、債権者から任意売却を持ちかけてくることがあります。その際注意しなければならないことは、債権者が不動産会社を指定してくることです。債権者が指定する不動産会社で任意売却をすることを、債権者主導型任意売却と言い、債権者の都合で物事が進んでいくという特徴があります。
例えば、住み続けたいとか引越費用の捻出、情報の拡散防止といった債務者の希望する条件が無視され、少しでも早くお金を回収することだけを重きにおいた進め方になってしまいます。
任意売却は債務者の希望も反映させることができるというのが本来の目的でもありメリットでもあります。
ですので、任意売却は債権者主導型ではなく、ご自身で任意売却の依頼先を決める債務者主導型を選択することをおすすめします。

任意売却の依頼先の選び方の項目一覧

対応エリア

関西地域全域: 京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
関東首都圏: 東京、神奈川、埼玉、千葉

拠点である京都を中心に関西地域全域、加えて、関東首都圏での任意売却のご相談にも対応しております。

【関西地域全域】
京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良
【関東首都圏】
東京、神奈川、埼玉、千葉

その他エリアに関してもお電話いただけましたら、ご相談に乗ります。